月見

今年の月見はいつまで?由来などまとめ

44
暑い夏の季節も終わり、いよいよ秋本番の季節が始まりました。

この季節といえば、月見。

月見を飾ったりして、その日を楽しむ方多いかと思いますが

そう言えば、『月見の日っていつからいつまでなんだろう・・・?』なんて思う方多い方かと思います

今回は、今年の月見はいつからいつまで?について詳しくまとめてみました。
 
 

スポンサードリンク


 
 

月見とは?

早速、月見について説明していきたい所ですが

そもそも、月見ってなんだろう・・・?なんて思う方も多いかと思います。

お月見は、旧暦の8月15日に月を鑑賞する行事で、

この日の月は『中秋の名月』や『十五夜』や『芋名月』と呼ばれます。

月見の日には、おだんごやお餅やススキやサトイモなどをお供えして月を眺めます。

日本では、8月15日だけでなく、9月13日にも月見をする風習があり、

こちらは『十三夜』や『後の月』や『栗名月』とも呼ばれています。

各地によっては、十五夜をしたなら、必ず十三夜もしなければいけない

という言葉が伝えられており、片方だけの月見を嫌う風習があったようです。

月見はいつからいつまで?

月見は、旧暦で行なう行事でもあります。

旧暦は、月の満ち欠けで日付を決めるもので、

現行の太陽暦とはシステムが異なります。

その為、両者の日付にはまったく関連がなく、

月見の日付(旧8月15日、旧9月13日)も年によって一定していません。

つまり、月見の日付は毎年違うということになります。

なので、きちんと把握した上で月見の日を楽しんで下さいね。

ちなみに、今年2017年の月見の日は、10月4日から10月6日です。

2017年 十五夜 10月 4日 満月 10月 6日  
2018年 十五夜  9月24日 満月  9月25日  
2019年 十五夜  9月13日 満月  9月14日  
2020年 十五夜 10月 1日 満月 10月 2日
2021年 十五夜  9月21日 満月 9月 21日

しかし、残念ながら月見の日付が決まっていても

実は、十五夜は、満月とは限りません。

それは、そうですよね、自然現象でもありますからね。笑

なので、1~2日ずれることが多いようです。

これは、月と地球の公転軌道の関係で、

新月から満月までの日数が14日間~16日間と日数に差があり、

満月になるまでの日数が違う為、十五夜が満月にあたるとは限りませんが、

十五夜にお月見をするのが1番良いです。

十五夜とは?

十五夜の話しを、先程からしていますが

実際に、十五夜ってなんだろう・・・?なんて思う方多いかと思います。

十五夜は、秋の美しい月を観賞しながら、秋の収穫に感謝をする行事でもあり、

十五夜の事を中秋の名月とも呼ばれています。

旧暦では7月~9月が秋にあたり、初秋は台風や長雨が続きますが、

仲秋は秋晴れも多く空が澄んで月が美しく見えます。

そこで、中国から伝わった月見を取り入れ、

平安貴族が月見の宴を催して風雅を楽しむようになりました。

やがて、月見が庶民に広がると、実りに感謝する行事になっていき、

芋類の収穫祝いをかねているため、『芋名月』という別名で呼ばれるようにもなりました。

十五夜は、月見だんごや芋ややすすきなどの収穫物などを供えるのは、

さまざまな物事の結実に対して感謝と祈りを捧げるためで、日本文化の特徴と言えます。

また、月の模様を『月でうさぎが餅をついている』と捉えるは、

慈悲の心の象徴であり、月に寄せる思いの深さが感じられます。

十三夜とは?

十三夜は、十五夜に次いで、

美しい月だといわれており、昔からとても大事にしてきました。

どちらか一方しか月見をしないことを『片見月』といい、

その時は、縁起が悪いとされています。

また、『十五夜』のお月見が中国伝来なのに対し、

『十三夜』は日本でうまれた風習だといわれており、

栗や豆の収穫祝いでもあるため、『栗名月』・『豆名月』とも呼ばれています。

十日夜とは?

45

十日夜とは、東日本を中心とした行事で

旧暦10月10日に行われていた収穫祭のことをいいます。

十日夜は、稲刈りを終え田の神様を見送る行事でお月見がメインではない為、

月齢に関係なく新暦の11月10日に実施する地方が多いようです。

十日夜には、田の神様の化身とされているかかしにお供えものをしたり、

かかしと一緒にお月見をしたりするかかしあげの風習があります。

また、わらを束ねた、わら鉄砲やわらづとで、

子どもたちが地面を叩いて作物を荒らすモグラなどを追い払い、

土地の神様を励ますなど、地域によって様々な行事があります。
 
 

スポンサードリンク


 
 
西日本では、亥の子という類似した行事があります。

これは、旧暦10月の亥の子の日に、

子どもたちが石に縄をつけた亥の子槌で地面を叩く亥の子突きをしたり、

亥の子餅を食べて無病息災や子孫繁栄を願ったり、

炉開きやこたつ開きをして火事にならないよう願う風習です。

今年の月見はいつまで?由来などまとめ

今回は、今年の月見はいつまで?由来などについて

詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

月見団子の由来とは?数や並べ方など詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】月見団子の由来とは?数や並べ方などのまとめ

簡単に作れる月見団子の作り方について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】簡単に作れる月見団子の作り方とは?

2017年今年の月見の日は、10月4日〜10月6日でした。

しかし、1日〜2日日付がずれることもありますので、気をつけてくださいね。

十五夜や十三夜や十日夜をみてみると、

風情を楽しむだけではなく、収穫と密接な関わりがあることがわかります。

古来より月と太陽は陰と陽の象徴であり、

月は『お陰さま』の心に通じると考えられてきました。

収穫物は生きる糧ですから、支えてくださる物事や力添えに対し、

お月見をしながら感謝をするものとも言えます。

昔から十五夜・十三夜・十日夜は、

晴れてお月見ができると縁起が良いとも言われていますので、

これを機会にゆっくりと見てみるものも良いかと思います。
 
 

スポンサードリンク

-月見