七夕の風習である食べ物まとめ

7月の行事と言えば七夕ですよね。

七夕は織姫と彦星が1年に1度巡り合うことが出来る大切な日でもあり、七夕の日に短冊に願い事を書いたりして七夕を楽しむ方多いかと思いますが、そんな七夕の日の食べ物を何を食べたら良いのかな・・・?なんて思う方多いかと思います。

今回は七夕の時の食べ物について詳しくまとめてみました。


七夕の時の風習な食べ物とは?

『ひな祭りだったらひなあられ。』『こどもの日だったら柏餅。』とすぐ思いつくかと思いますが、では七夕の時の食べ物ってなんでしょう?なんて突然質問された時に思いつく物と言ったら、あまりなかったりしますよね。

実は七夕の時に食べられている風習の物はそうめんなんです。

これには少し驚いている方多いのではないのでしょうか?

そうめんは夏バテしてる時とか食欲がない時とかにスルスルっと食べれてしまう物。

夏の食べ物と思われがちですが、一年中売っていますし『七夕の時の食べ物!』って言う感じは特にないですよね。

しかしそうめんの起源は以外にも古く、平安時代にはすでにそうめんの原型を七夕に食べていたと言われています。

そうめんの原形は索餅と呼ばれていて、索餅は中国から伝来した食べ物で、和名では『むぎなわ』と言われていて、もともとは小麦粉と米粉を練って縄の形にしたお菓子でした。

この索餅をお供え物にしたということが、醍醐天皇の時代、宮中の儀式などを記した『延喜式』の中に残されていてそれが平安時代からと言われています。

『そこから昔から伝わる七夕の時にはそうめんを食べよう。』と言う活動が広がりました。

しかしそうめんを食べるという習慣は、全国的に広まっているわけではなく、一部の地域だけ(特に東北地方)食べると言う人もいますが、おそらくはそうめんは身近でよく食べる夏の食べ物って言う定着が強いことから一部の地域だけでしか広まってないのだと思います。

でも昔からそうめんを食べていたことに間違いない事でもありますし、最近ではいろんな色が入ったそうめんがありますので、お子さんたちと一緒に楽しみながらそうめんを食べるなんていかがでしょうか?

七夕の時なぜそうめんを食べるの?

ではなぜ七夕の時にそうめんが食べられるようになったのでしょうか?

実はそうめんは古代中国の索餅という小麦粉料理が始まり。

実は索餅には伝説があるんです。

7月7日に亡くなった子供がいて、その子が鬼となって帰ってきて疫病を流行らせました。

それを鎮めるために、その子供が好きだった索餅を供えたところ、疫病の流行が治まったのです。

それから1年間の無病息災を祈願して索餅が食べられる様になりました。

この索餅が日本に伝わったのはが平安時代と言われていて、七夕の日に索餅をお供えをしてたのが始まりです。

やがて索餅→そうめんに変わり今では七夕の日はそうめんを食べるようになりました。

この他にも、そうめんが天の川に似ている、そうめんが織姫の織り糸に似ているからなどと言った説もありますが、1年間家族が健康に過ごせますようになどと言った願いが込められてそうめんが食べられるようになりました。

子供が喜ぶ七夕の時お菓子は何?

索餅

七夕の時のお菓子で昔から食べられている物と言えば索餅。

七夕の日に小麦粉料理を食べるのは平安時代から伝わる物ですので是非食べてみてくださいね♫

・小麦粉(薄力粉)・・・250g
・牛乳・・・50ml
・卵・・・2個
・砂糖・・・40g
・油・・・大さじ1
①小麦粉と砂糖をボールに入れて混ぜる。
②別のボールに卵を割り入れはしでかきまぜて牛乳を入れて混ぜる。
③(①)のボールに(②)を流し入れ、手でよくこねる。
④表面がなめらかになったら油を加えさらにこねる。
⑤ラップをして30分間ねかせましょう。
⑥生地をだいたい3等分にする。
⑦まな板の上に小麦粉を薄くひきのし棒で15cmぐらいにのばす。
⑧ナイフでひも状になるように切り手で20cmぐらいになるまで転がしながらのばす。
⑨ひもの端を片方の手で押さえてもう一方をねじっていく。
⑩ひもの両端を持ち上げて縄状にねじり合わせる。
⑪鍋に油を入れて熱し揚げましょう。
⑫浮き上がりきつね色になってから焦げないうちに取り出したら完成です。

砂糖で味付けがされていますので甘くて美味しい索餅の出来上がり。

揚げて作るお菓子でありますからドーナツに近い感じです。

なのでお子さんは喜んでくれると思いますよ。

七夕の時のお菓子は特に索餅でなくてはいけないという決まりはありません。

なので七夕をイメージする星型の物やお菓子など、好きな物を作ってあげてみてくださいね。

七夕の風習である食べ物まとめ

今回は七夕の風習である食べ物について詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

簡単に作れる七夕の折り紙まとめ

2019年3月9日

英語で説明する七夕の例文まとめ

2019年3月9日

七夕の由来の説明の仕方まとめ

2019年3月9日

七夕の時の食べ物として代表的な物と言えば、そうめんでした。

これは、中国から伝わった物で、平安時代からこの風習は伝わっています。

お菓子も索餅が代表的な物と言われていて、簡単に作ることが出来ますので、これを機会に1度試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です