暑中見舞い

ビジネスや先生や親戚に送る暑中見舞いの例文とは?

いよいよ、夏本番の季節になりましたね。

この季節と言えば、暑中見舞いを送る方は多いかと思いますが

そんな時に、普段仕事でお世話になっている人やいつもお世話になっている先生

または、親戚の方に『暑中見舞いどうやって書いたら良いのかな・・・?』なんて思う方多いかと思います。

今回は暑中見舞いの例文について詳しくまとめてみました。
 
 

スポンサードリンク


 
 

ビジネスで使える暑中見舞いの例文とは?

①暑中お見舞い申し上げます。
②時候の挨拶
③営業やセールの告知などの連絡
④結びの言葉
⑤日付

まず初めに、ビジネスで使える暑中見舞いの例文についてまとめていきましょう。

ビジネス用の挨拶は、基本的に挨拶をした後は

夏季の営業やセールの連絡を入れるのが一般的です。

分かりやすく言えば、お店の告知ですよね。

お店の告知など営業日などを入れて、文章をまとめていきましょう。

暑中お見舞い申し上げます。
いつも格別のお引き立てにあずかり、誠にありがとうございます。
連日の酷暑ですが、皆様にはご健勝のこととお慶び申し上げます。
今後共なお一層ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
平成○○年 盛夏
暑中お見舞い申し上げます。
平素は格別のご配慮を賜り、厚くお礼申し上げます。
貴社におかれましては益々ご隆盛のこと何より存じます。
さて弊社では、以下の期間を夏季休業とさせていただきます。
○月○日~○月○日
ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
平成○○年 盛夏

お客様に送る暑中見舞いの例文とは?

暑中お見舞い申し上げます。
いつも格別のお引き立てにあずかり、誠にありがとうございます。
連日の酷暑ですが、皆様にはご健勝のこととお慶び申し上げます。
当店は夏季も変わらず営業しておりますので、皆様のお越しを心よりお待ちしております。
今後とも、一層ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
平成○○年 盛夏
暑中お見舞い申し上げます。
平素はひとかたならぬご厚情にあずかり、心から御礼申し上げます。
炎暑の折、皆様方のご自愛のほどお祈り申し上げます。
さて、弊社では下記の予定で夏期休暇を実施させていただきますので、ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。
休業期間 (休業開始日付)~(休業終了日付)
平成○○年 盛夏

上司に送る暑中見舞いの例文とは?

①暑中お見舞い申し上げます。
②時候の挨拶
③自分の近況報告
④相手の近況は健康を気遣う言葉
⑤日付

では、次に上司や先生に送る場合の暑中見舞いを送る場合
自分の最近あった近況報告をしつつも
相手の健康を気遣う言葉を添えて文章をまとめようにしましょう。

暑中お見舞い申し上げます。
ご丁寧なお見舞状をいただきまして、誠に恐縮に存じます。
今年の暑さはことのほか厳しいもので、秋の気配が待ち遠しい今日この頃です。
(○○上司)をはじめ、ご家族の皆様にはお変わりなくお過ごしとのこと、何よりとお喜び申し上げます。
おかげさまで私どもも元気に毎日を過ごしておりますので、ご休心くださいませ。
猛暑が続く毎日ではございますが、お体を大切に過ごされますようお祈り申し上げます。
まずは、お礼かたがた暑中お見舞いまで。
平成○○年 盛夏

暑中お見舞い申し上げます。
日差しも強くなってきて、夏もいよいよ本番です。
元気で過ごしていおられるでしょうか。
私の方は特に病気もせずに過ごしています。
こちらは大分暑さも和らいできたので、いつでもいらしてください。
まだ気が抜けないので、お互い体調に気をつけて夏を乗り越えましょう。
平成○○年 盛夏

先生に送る暑中見舞いの例文とは?

暑中お見舞い申し上げます。
猛暑の日々が続きますが、○○様におかれましてはますますご壮健のことと存じ上げます。
私ども家族もおかげさまで、無事つつがなく過ごしております。

 
 

スポンサードリンク

 
 

酷暑の折、何卒ご自愛のほどお祈り申し上げます。
平成○○年 盛夏

暑中お見舞い申し上げます。
ご丁寧なお見舞状をいただき、誠に恐れ入ります。
○○先生には、お元気でお暮らしのご様子、何よりうれしく存じます。
いつもお心にかけていただき、ありがとうございます。
真夏とはいえ、そちらでは朝晩は冷えることもありましょう。
どうぞ夏風邪などには、お気をつけてお過ごしくださいませ。
まずは、お礼かたがたお見舞いまで。
平成○○年 盛夏

親戚に送る暑中見舞いの例文とは?

暑中お見舞い申し上げます。
炎暑ことのほかきびしい中、皆様お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか。
日頃よりいろいろとお世話になりながらも、ご無沙汰しておりまして申し訳ございません。
おかげさまで私ども一同、相変わらず元気に暮らしておりますのでご安心ください。
この暑さはまだしばらく続きそうです。
皆様くれぐれもご自愛くださいませ。
平成○○年 盛夏
暑中お見舞い申し上げます。
今年は冷夏といわれ、いま一つカラッとしない天気が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私どもは家族一同、いたって元気に過ごしておりますのでご休心ください。
今のところ平年より気温が低いとはいえ、まだまだ暑さも続きます折、なにとぞ御身を大切にお祈り申し上げます。
平成○○年 盛夏

友人に送る暑中見舞いの例文とは?

暑中お見舞い申し上げます。
毎日暑い日が続いていますが、元気にしていますか。
私の方は、おかげさまで元気にやっています。
最近あまり会えなかったけれど、夏はどこかに遊びに行きたいですね。
また一緒に、避暑地にでも旅行に行きませんか?
まだしばらくは厳しい暑さが続きますが体調管理には充分気をつけてくださいね。
平成○○年 盛夏
暑中見舞い申し上げます。
ひまわりが太陽に向かって咲き誇る季節になりましたね。
夏バテなどしておりませんか?
私は仕事に趣味の物作りと充実した日々を過ごしています。
まだまだ暑い日々が続きますが、熱中症など体調に気をつけて過ごしてくださいね。
平成○○年 盛夏

暑中見舞いの例文まとめ

今回は、暑中見舞いの例文について詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

暑中見舞いは、自分の近状報告もしつつも

相手のことを思いながら気持ちを込めて送るものです。

なので、『夏場暑さで夏バテになっていませんか?』

など、相手に気を使う言葉を添えて暑中見舞いを送るようにしましょう。
 
 

スポンサードリンク

 
 

-暑中見舞い