お中元

お中元のお礼状のまとめ

2017/05/22

春も終わり、いよいよ夏が近くなってきましたね。

この時期にまず訪れるのは、お中元。

お中元を頂く方多いかと思いますが

お中元のお礼状どうやって書いたら良いの?正し書き方とかあるの?なんて思う方多いかと思います。

今回はお中元のお礼状について詳しくまとめてみました。
 
 

スポンサードリンク


 
 

お中元のお礼状の書き方とは?

①頭語
拝啓/謹啓/謹啓/恭敬/粛啓 など
②時候の挨拶
梅雨明けから本格的な暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
夏空がまぶしく感じられるころとなりましたが、お元気でいらっしゃいますか。
③お中元を頂いたのお礼
このたびはご丁重なお中元の品をお贈りいただき、誠にありがとうございました。
このたびは結構な品をご恵贈賜り有難うございました。
④相手の健康を気づかう言葉
まだしばらくは厳しい暑さが続きますが皆様どうぞご自愛下さい。
暑さはこれからが本番です。皆様どうぞご自愛下さい。
⑤結語
敬具/拝具/謹言/敬白

お中元のお礼状の書き方のポイントとは?

お中元を頂いたらなるべく早くお礼状を出しましょう。

お中元を頂いたら、必ずお礼状を出しましょう。

今の時代、電話やメールやラインなどで伝える方が多いかと思いますが、あくまでも略式です。

正式には、お礼状を出すのがマナーでもありますので、お中元を頂いたらお礼状を書くようにしましょう。

お礼の気持ちを伝える。

お中元を頂いたら、お礼の気持ちを込めてお礼状を送りましょう。

お礼状を書く時、難しく考えてしまい、堅苦しくなりがちでもありますが、そのような必要はありません。

自分の言葉で素直な気持ちを伝えましょう。

相手の健康を気遣う文章を入れてみましょう。

お中元の時期は暑さが厳しくなる月でもあります。

なので、『夏バテしないように気をつけてくださいね。』など、相手を気を使う言葉を入れておきましょう。

今後のお付き合いをお願いする気持ちを伝える。

お中元のお礼状を書く時に、今後のお付き合いをお願いする文章を入れておきましょう。

妻が夫に代わってお礼状を書く時は、夫の名前の下に小さめの字で『内』と書きましょう。

お中元のお礼状を仕事など何かと忙しい夫の代わりに妻がお礼状を書く場合は

必ず夫の名前の下に『内』と書くようにしましょう。

そうすることで、相手の方も代わりに『書いてくれたのね。』理解してくれますので忘れずに書くようにしましょう。

お中元のお礼状の例文(ビジネス)

拝啓 
盛夏の候、ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。
平素は格別のご厚誼を賜り、深謝申し上げます。
さて、このたびはご丁重なお中元の品をお贈りいただき、誠にありがとうございました。
日ごろ私どもの方こそお世話になっておりますのに、過分なお心遣いをいただき、恐縮に存じ、厚くお礼申しあげます。
これから暑さが本格化しますので、皆様のますますのご健勝と貴社のご繁栄をお祈り申しあげます。
まずはとりあえず書中をもってお礼申しあげます。
敬具  
平成○○年○月○日
株式会社○○○  
代表取締役○○○○

拝啓 
盛夏の候 貴社におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さてこのたびは結構なお品をお送り頂きましてありがとうございます。
有難く拝受しました。
御厚志に改めて御礼申し上げます。
暑さはまだまだ続くようです。
皆様どうぞご自愛くださいませ。
略儀ながら書中を持ちまして御礼申し上げます。
平成○○年○月
敬具
株式会社 ○○○
代表取締役○○○○

 
 

スポンサードリンク


 
 

謹啓
盛夏の候 貴社におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さてこのたびは結構なお品をご恵贈頂きましてありがとうございました。
早速一同で有難く頂戴いたしました。
これからもご信頼にお応えできるよう誠心誠意努力してまいる所存でございます。
何卒ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
暑さはこれからが本番でございます。
皆様どうぞご自愛くださいませ。
末筆ではございますが、貴社のご発展と皆様のご健勝をお祈り申し上げます。
略儀ながら書中を持ちまして御礼申し上げます。
平成○○年○月
敬具
株式会社○○○○
代表取締役○○○○

お中元のお礼状の例文(個人)

拝啓
盛夏の候、皆々様にはお健やかな日々をお過ごしのこと、お喜び申し上げます。
私共もおかげさまで変わりなく元気で過ごしておりますので、なにとぞご休心ください。
さて、このたびは、まことに結構なお中元の品をお送りくださいまして、厚く御礼申し上げます。
いつに変わらぬお心くばり、恐縮に存じます。
家族ともども大変喜んでおります。
暑さ厳しき折、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。
まずは取り急ぎお礼申し上げます。
敬具  
〇月〇日
暑中お見舞申し上げます。
梅雨明けから本格的な暑さが続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。
さて、このたびはご丁寧なお心づかいを頂き、本当にありがとうございました。
いつもながら細やかなお心づかいに恐縮するばかりです。
家族ともども大変喜んでおります。
まだしばらくは厳しい暑さが続きますが皆様どうぞご自愛下さい。
お礼まで
山田太郎
内(夫の代わりにお礼状を書く場合のみ)
拝啓
暑さ厳しき折 ○○様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
おかげさまで私たちはいたって元気に過ごしております。
さて、本日はお心のこもったお品を頂き、本当にありがとうございました。
いつもながら細やかなお心づかいに恐縮するばかりです。
暑さはまだまだ続くようです。
皆様どうぞご自愛ください。
略儀ながら書中にてお礼申し上げます。
ありがとうございました。
敬具
平成〇〇年〇月
山田太郎
拝啓
盛夏の候 いかがおすごしでしょうか。
さて、本日はお心のこもったお品を頂き、本当にありがとうございました。
いつも貴家のご両親様には大変お世話になっておりますのに、このたびのお二人からのお心遣いに恐縮しております。
常日頃から貴家の仲の良い親子関係をぜひ見習いたいと、妻の花子と話しております。
皆様御一家とのおつき合いは私どもの悦びではございますが、今後はどうかあまりお気づかいになりませんようお願い申し上げます。
暑さはまだまだ続くようです。
どうぞご自愛ください。
略儀ながら書中にてお礼申し上げます。
ありがとうございました。
敬具
平成○○年○月
山田太郎

お中元のお礼状のまとめ

今回は、お中元のお礼状について詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

お中元の時期について、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】お中元の時期とは?

お中元とお歳暮の違いやマナーなど詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】お中元とお歳暮の違いやマナーなどまとめ

お中元の時に贈る正しいのしの書き方について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】お中元の時に贈る正しいのしの書き方とは?

おすすめお中元ギフトについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】おすすめお中元ギフトまとめ

今の時代、電話やメールやラインなどで伝える方が多いかと思いますが、それはあくまでも略式です。

お中元を頂いたら、お礼状を出すのがマナーでもありますので、

これを機会に、お中元を頂いたらお礼状を書くようにしましょう。
 
 

スポンサードリンク


 
 

-お中元