お中元

お中元の時期とは?

2017/05/22

春も終わりいよいよ、夏の時期に近づいて来ましたね。

この時期にまず訪れるのは、お中元。

お中元を何もしない方はいないかと思いますが、

そう言えば、お中元の時期っていつからいつなんだろ・・・?なんて思う方多いかと思います。

今回はお中元の時期について詳しくまとめてみました。
 
 

スポンサードリンク


 
 

お中元とは?

お中元と言う言葉をよく耳にする方は多いかと思いますが

実際にお中元をいまいちよく分かっていない方も多いかと思います。

お中元とは、1年に2回、季節の変わり目と言える、節目7月15日のことを『中元』と言います。

この時期に、自分らの先祖の霊にお供え物をしたり、
お世話になった家や人に贈り物をしたりすることがお中元です。

日頃、お世話になった人に感謝する年中行事であるお中元ですが、

お歳暮も同様、時期が違うだけで、同じ意味を表しますので覚えて置くようにしておきましょう^^

お中元は地域によって贈る時期が違う?!

お中元は日頃、お世話になった家の方に贈り物をしたりする事と言うのは、分かりましたが

実は、地域によって送る時期が違うことはご存知でしょうか?

これには、わたしもびっくり!

せっかくの贈り物なのに、間違ってるとは知らずに、送る時期を外してしまったら

恥をかいてしまうのは自分です。

なので、恥をかくまえに、日本全国の地域ごとにお中元を贈る最適な時期を把握しておきましょう。

把握しておけば、恥をかくこともありませんし、相手の方も『きちんとしている方ね♫』って好印象を持つと思いますよ^^

では、地域別でお中元を贈る時期を詳しく説明していきますね。

お中元を送る時期(北海道)

7月中旬から8月15日までに贈りましょう。

北海道では、旧盆の時期にあたる7月15日~8月15日にお中元を贈るようにしましょう。

北海道では、1ヶ月間という長い期間、贈ること出来ますが

別の地域から7月15日よりも早くお中元が届くことがあるのか、

年々北海道でのお中元の時期も徐々に早まってきていますので

北海道では、8月16日以降はお中元ではなく『残暑見舞い』という扱いになりますので

8月15日までにお中元が到着するように贈るようにしましょう。

お中元を送る時期(東北・関東)

7月初旬から7月15日までに贈りましょう。

東北と関東は、7月初旬から7月15日までにお中元を贈るようにしましょう。

約2週間と短い期間の間にお中元を用意する必要がありますので、きちんと確認しておく必要があります。

7月16日以降は、お中元ではなく残暑見舞い扱いになりますので、注意しておきましょう。

7月の初旬から15日がお中元を贈る時期と言いましたが、2週間と言う短い期間でもあります。

その為、お中元の配送が集中してしまう事から、日時指定ができなかったり、日時を指定しても配送が遅れることがあるようです・・・。

なので、6月20日頃からお中元の準備しておくことをおすすめします♫

お中元を送る時期(北陸)

地区によって7月と8月に分かれるので注意しておきましょう。

北陸地方の方にお中元を贈る場合は地域によって異なるので、注意しておきましょう。

北陸地方の都市部を中心とした広い範囲で関東と同じ7月初旬~7月15日にお中元を贈りますが

その他の地域は、北海道と同じ7月15日~8月15日の時期にお中元を贈ります。

しかし、北海道と同じ7月15日~8月15日の時期に贈る地区は比較的少ないようですが

間違って贈ってしまってからには遅いので、事前に確認しておくようにしましょう。
 
 

スポンサードリンク


 
 

お中元を送る時期(東海・関西・中国・四国)

7月15日から8月15日までに贈りましょう。

東海・関西・中国・四国のお中元は、7月15日~8月15日までに贈るようにしましょう。

8月15日を過ぎてしまいますと、東海・関西・中国・四国地方では、8月16日から9月上旬までは残暑見舞い扱いになってしまいます。

どうしても、8月15日までにお中元を贈ることができない場合は、

お中元を諦めて、8月25日ごろまでに残暑お見舞いを届くように手配しましょう。

そうすれば、恥を欠かずに済みます^^

お中元を送る時期(九州)

8月1から8月15日までに贈りましょう。

九州地域の場合、他の地域に比べて1ヶ月もお中元の時期が違いますので注意しておきましょう。

九州の方にお中元を贈る際は、8月1から8月15日までに贈るのが一般的と言えます^^

しかし、どの地域でもそうですが、皆さん考える事は一緒なので発送が集中してしまうことがありますので

中には7月中旬には贈る方も近年増えているようです。

なので、心配の方は7月中旬には用意しておくと良いかもしれませんね^^

お中元を送る時期(沖縄)

旧暦の7月15日までに贈りましょう。

沖縄は、他の地域とは異なり、旧暦の7月15日までにお中元を贈るようにしましょう。

※沖縄地域の場合は、その年によってお中元の時期が異なりますので注意が必要です。

なので、沖縄の方にお中元を贈る場合は、その年の旧暦7月15日をきちんと確認し、その日までに届くようにしましょう。

しかし、これもまた年々贈る時期が早まっている傾向が見られます。

なので、心配の方は、早めに準備しておくと良いかもしれませんね^^

お中元の時期のまとめ

今回は、お中元の時期について詳しくまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

お中元とお歳暮の違いやマナーなど詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】お中元とお歳暮の違いとは?マナーなどまとめ

お中元のお礼状について、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】お中元のお礼状のまとめ

お中元の時に贈る正しいのしの書き方について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】お中元の時に贈る正しいのしの書き方とは?

おすすめお中元ギフトについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】おすすめお中元ギフトまとめ

お中元を贈る時期は住む地域によって違いました。

北海道では、7月中旬から8月15日まで
東北・関東では、7月初旬から7月15日まで
北陸では、地区によって7月と8月に贈る時期が異ります。
東海・関西・中国・四国では、7月15日から8月15日まで
九州では、8月1から8月15日まで
沖縄では、旧暦の7月15日まで、とそれぞれ違いますので

間違った時期に贈ってしまうと、恥をかいてしまうのは自分なので

恥をかかない為にも、事前にきちんと確認した上でお中元を贈るようにしてくださいね^^
 
 

スポンサードリンク

-お中元