運動会

運動会のお弁当!当日の朝に慌てないコツ・注意点まとめ

2016/11/21

56
新学期も始まり、この季節秋の大イベントと言えば運動会!

お母さんたちは、運動会ってなるとの大仕事と言ったら何といってもお弁当作りかと思います。

今回は当日運動会のお弁当の朝に慌てないコツ・注意点についてまとめてみました。

スポンサードリンク

運動会のお弁当で注意点

お買い物はお早めに行く

運動会の日程は、近隣の他の園や小学校と同じ日だったりする場合があります。

その場合、皆さん考えることは一緒なので、前日の夕方に買い物にいったら、お弁当に人気の食材が売り切れなんてことがあります。

そんなことがあると作ろうと思ってた物が作れなくなってしまって困ってしまいますので、なるべく早めに買い物をしておきましょう。

日持ちがする物であれば、少し早目にお買い物をしておくと安心です。

傷みやすい食材に注意!

秋になったからといって、日によっては気温が高い日もありますし、運動会の日は外にお弁当を置きっぱなしなので、

最悪の場合腐ってしまった物を口にすると最悪、食中毒の原因にもなりますのでお弁当の傷み対策をしておきましょう。

①容器の水分や果物や野菜の水分はふき、おかずの汁気をしっかりきりましょう。

②しっかり加熱し、味付けは濃いめにします。

③ハム・ちくわ・かまぼこなども加熱してください。

④加熱したら冷めてから容器に詰めましょう。

⑤ミニトマトの葉はとる。生の野菜はなるべく入れないか、仕切りなどで他のおかずと分けて入れましょう。

お酢・大葉・梅干しなど活用する

お弁当を作る際にお酢・大葉・梅干しなどを活用しましょう!

これを入れることで、菌の繁殖を防ぐことができます。

また、お弁当用の抗菌シートも今は売ってるのでそちらも活用すると更に効果的です!

持ち運ぶ際に、保冷バックに入れて持ち運びすることによって食材を腐らせることを防ぐ効果がありますので、活用することをおすすめします。

子供が喜ぶお弁当とは?

せっかくお弁当を作るのであるなら、喜んでもらえるお弁当を作りたいですよね♫

男の子の場合は、お昼の時間も早く食べて遊びに行きたい!っていう子が多いので、

好きなおかずばっかりで、手早く食べられるものがおすすめします。

女の子の場合は、見た目に可愛いかったりするとすごく喜びますよ♫

可愛さ重要すると、ピンクや薄紫のおかずカップを使ったり、ハートやお姫様のピックを使ったりしてかわいくまとめてあげると喜ばれます。

パンのお弁当も人気ですが、男女ともにキャラクター弁当は人気ですので、好きなキャラクター弁当作ってあげることも一つの手かもしれませんね。

お菓子の準備も忘れずに!

お弁当を食べ終わると、子ども達同士のお菓子交換が始まります。

仲良しの子が近くにいるとは限らないので、子ども達はお菓子の袋を持ってあっちこっちウロウロしながらお菓子交換をします。

そんな時に役にたつのが小分けのお菓子です!

ご家庭によってはチョコレートや飴はあげてないというご家庭も多いです。

なので、お菓子を買いに行くときは、子どもの好きな物とママ目線で選んだ交換用のお菓子を選びましょう。

卵ボーロとかは小さな子供でも食べれますので、おすすめします!

お菓子交換をきっかけに、なかなか会えない子のママとお話出来るの機会も増えたりしますのでおすすめします♫

運動会のお弁当で当日の朝慌てずに済むポイント!

57

飾り切り・キャラ弁の用意は前日にする

飾り切りもいろんな種類があり、お花・星などありますが前もって形に抜いたり

またはキャラ弁を作る時のパーツをのり・ハムでつくっておいたりそのような細かい作業は前日にやっておくと、当日の朝に余裕ができます。

スポンサードリンク

その他にも、から揚げの下味をつけておいたり、茹で卵を茹でておく、ハンバーグは焼いて冷凍しておいたりなど

前日までにできる事はやっておくと当日スムーズに作業が進みます。

おかずカップ・ピックを用意しておく

子どもが好きなおかずは、から揚げだったり、ウインナーだったり、ハンバーグだったり、色味が茶色くなってしまいがちです。

そこで便利なのがおかずのカップとピックです。

可愛いものもありますし、100円ショップにも色々そろっています。

運動会用にキャラクターのものを買い足すと子どもの気分が盛り上がりますよ♫

1人分ずつのお弁当にする

運動会のお弁当は、重箱や大きいランチボックスで豪華に作るイメージがありますが、取り皿を用意したり準備するのが大変です。

なので、いつも使っているお弁当箱で、1人分のお弁当を人数分作るのをおすすめします。

当日運動会のお弁当の朝に慌てないコツ・注意点についてまとめ

今回、当日運動会のお弁当の朝に慌てないコツ・注意点についてまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

子供の晴れ舞台とでも言える運動会。

頑張った子供の為にもせっかくなら喜んでもらいたいですよね。

ただし、お弁当を作る際、保存方法に注意しないと最悪食中毒などといった事も起きてしまうので、注意しておきましょう!

今は、色々な場面でお弁当に使える便利グッツ・可愛いグッツなどがあり、それを活用することによって華やかになったりもしますので、これを機会に試してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

-運動会