七五三

七五三の時期はいつ?男の子は5歳だけじゃない?

2016/11/21

114
子供の成長をお祝いする日でもある七五三ですが、男の子の七五三は、5歳だけだと思っていませんか?

3歳で七五三のお祝いをするのは、女の子だけのはずでは・・・。なんて思ってる方いるかとおもいます。

今回は、七五三の時期はいつ?男の子の七五三はいつやるのが正解?などまとめてみました。

スポンサードリンク

男の子の七五三はいつ?

3歳 髪置(かみおき) とも3歳で髪を伸ばし始める。
5歳 袴着(はかまぎ) 男の子が5歳で袴を着け始める。
7歳 帯解(おびとき) 女の子が7歳で帯を締める着物にかえる。

七五三がお祝いされるようになったのは、平安時代からお祝いされるようになり、昔は、幼いうちに病気にかかると、命を落としてしまう子が多かったため、7歳になるまで、子供の健康と成長を祈るようになったそうです。

この表からみると、男の子のお祝いの年齢ですが、正式な男の子の七五三は3歳と5歳です。

しかし、数え年で3歳と5歳にお祝いするのが本来のやり方なんですが、今現在では数えでやるよりも満年齢でやる人の方が多く、現在は男の子の七五三は5歳のみお祝いする方が多く、こちらの方が主流になりつつあるようです・・・。

となると、どっちでやったらいいの?!と悩んでしまいそうですが、

実際の所、3歳のみでもいいですし、3歳5歳両方お祝いしても大丈夫です。

七五三は地域によって違うの?

七五三は地域によって独自の慣習があり、お祝いする日や規模も全然違いますので、代表的な物を紹介いたします。

関東

関東では、神社に行って参拝や祈祷をする家庭が多く、七五三の儀式をしっかりと行います。
しかし、3歳のお祝いは、女の子だけがする地域が多いです。
謝礼を入れる祝儀袋は、花結び(蝶結び)の水引に包みましょう。

関西

関西では、七五三当日に近くの神社や寺に参拝し、祈祷せずに千歳飴を買って帰る家庭が多いです。
関西では、3歳のお祝いは、男女ともに行うのが一般的です。
内祝いの祝儀袋は、あわじ結びの水引に包みます。

北海道・東北

北海道・東北では、11月15日では着物や袴のみで出歩くには寒いため、10月15日など少し早い時期に10月中に七五三を行います。

九州

九州では、七五三に昔の成人が身に付ける褌(ふんどし)や湯文字(ゆもじ:女性の和服の下着の一種)を着る儀式を行う地域があります。

結論を言うと日本全国バラバラなんですね。

地域によって三歳でお祝いすることもあれば、3歳5歳でお祝いする地域もあります。

なので、関東だと3歳の七五三は女の子だけお祝いする家庭が多いけど、男の子も一緒に七五三やるのももちろん大丈夫!

おじいちゃん・おばあちゃんと一緒にお参りいくのもいいかもしれませんね♫

七五三の袴は3歳から?5歳から?

113

男の子で3歳でお祝いをしたくても、うちはまだオムツだし袴を着せるのちょっと・・・。なんて思う方いるかと思います。

結論、3歳なら無理に袴を着なくても大丈夫です。

昔は、3歳のお祝いで、髪置きの儀というやり方があり、髪から病気になると考えられていたので、男女ともに髪の毛は伸ばさないで剃っていましたが、3歳から髪を伸ばし始めるので、その区切りとしてお祝いをしていました。

そして5歳のお祝い袴着の儀で、男の子はこの日から初めて袴を着用し、お祝いをしました。

このように、本来の七五三のお祝いでは5歳で初めて袴を着用するので、3歳でお祝いする時に無理に袴を着せる必要はないので安心してくださいね。

無理はせず、出来る範囲で楽しくお祝いしてあげてくださいね♪

七五三のお祝いは数え年?満年齢?

七五三のお祝いを、数え年でやるか満年齢でやるか、悩みどころだと思いますが、本来は数え年で行われていた行事です。

生まれてた日を1歳として、次の正月で2歳になります。

現代では、満年齢で七五三のお祝いをするご家庭、ほとんどといわれています。

スポンサードリンク

理由はいろいろあるけど、あまり小さいと袴の着付けが大変だとか、神社でお参りする時に我慢できないなど、大人の都合が多いようです。

七五三のお祝い早生まれの男の子はいつやる?

七五三のお祝いで早生まれの男の子はいつやればいいのか?なんて思う方いるかと思います。

結論から言うと、あなた次第です。

私の個人的な意見ですが、幼稚園に入ると、4月から3月までのお誕生日の子が同級生になりますよね。

なので、同じ学年の早生まれでない子が七五三をやる年、一緒に祝いすると、わかりやすくていいのではないかとおもいます。

七五三の時期はいつ?男の子はいつお祝いすればいい?まとめ

今回七五三の時期はいつ?男の子はいつお祝いすればいい?についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

七五三の由来や時期など詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】七五三の由来とは?お祝いの時期は?

まとめてみると、3歳と5歳両方やっても良いし、3歳の時にやらなくても大丈夫です。

また、地域によってはお祝いの仕方が違うこともありますので、覚えとくいいかもしれませんね♫

数え年でも満年齢でもどちらでも大丈夫ですが、なにより大切なのは、子供のことを思う気持ちが大切です。

また姉弟が2歳差だと、姉弟と一緒にお祝いするご家庭も一緒に済ませるご家庭も多いです♫

七五三の基本的な知識を身につけたうえで、しっかりと準備をしておけば、家族で素敵な思い出を作れるので、良い日にしてくださいね♫

スポンサードリンク

-七五三