節分の由来まとめ


2月に入りまずは最初のイベントと言えば節分。

家族みんなで節分をするご家庭は多いかと思いますが『そう言えば節分って何?由来は・・・?』なんて思う方多いかと思います。

今回は節分の由来について詳しくまとめてみました。


節分とは?

節分聞くと2月3日だけを思い浮かぶ方多いかと思いますが、実は年に1回だけではないんです。

節分は季節を分けるという意味もあり、実は春夏秋冬の季節の始まりはすべて節分なんです。

分かりやすく説明すると、1年に4回、季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前の日が節分の日になります。

日本では昔から立春が一年の始まりとされ、立春の前の日の2月3日に豆まきと恵方巻きを食べ、この日が一番良い日とされていたため行事として今でも残っています。

一年の始まりが立春ということは、その前の日は昔の大晦日。

この日に一年の厄を払って、次の年を迎えるということで、厄除け=鬼に豆をまき退治するようになりました。

鬼という字を『おに』と読みますが、『おに』という日本語は『陰』に由来します。

『陰』とは目に見えない気、邪気のことをさしますのでそれが『おに』なのです。

新しい年(立春)を迎える前日(立春の前日・節分)に、鬼に豆をぶつけて邪気(おに)を払い、福を呼びこもうというわけです。

節分の由来とは?

節分は2月3日だけと思われがちですが、1年に4回、季節の始まりの前日の日を節分の日になります。

分かりやすく説明すると、季節の変わり目を表していますので、冬から春になる立春の前日の、2月3日だけが節分として残り、悪いものを追い出して、素晴らしい春を迎える為に、春の節分だけが行事として残りました。

節分の時なぜ豆まくの?

昔から季節の変わり目に『鬼が出る!』と言われています。

実は、節分に豆をまいて鬼を追い払う風習は室町時代から。

しかし、豆をまく理由については色々な説があります。

①昔から米や豆には、邪気を払う力があると言われて、豆の持つ邪気払いの力で、鬼を追い払う為に、豆をまくようになった説。
②昔、鞍馬山の近くの鬼が村人たちを困らせていましたがその時に鬼を追い払うのに使ってたのが豆であったことから、豆をまくようになった説。
③鬼が暴れている時に、神様のお告げで豆を鬼の目に投げたら、鬼を退治する事に成功した説。
④魔(鬼)の目⇒魔目⇒豆⇒魔滅⇒魔を滅する説。

子供に節分の由来を分かりやすく説明するには?

節分はいろいろな説がありますが、分かりやすく説明すると、昔、京都にある鞍馬山から鬼が出てきて都を荒らしていて人々は困り果てていました。

その時に、豆を鬼の目に投げつけることや、鬼を追い払うことが出来るということを知ってから、鬼を追い払うのに炒った大豆を使ったことから豆をまくようになりました。

なので、お子さんに説明するときは昔、悪さをするお鬼がいたから鬼さんの嫌いな豆を投げる事で退治することが出来て平和になったんだよ♫』なんて説明してあげたら分かりやすいかと思います^^

節分の時の豆まき正しいルールとは?

節分の豆まきを鬼に向かって豆を投げる行事と思いがちですが、実は違います。

豆まきには正式なルールが存在します。

正式なルールを知った上で家族みんなで豆まきをしましょう。

①豆まき用の福豆を準備して升に入れて豆まきの直前まで神棚にお供えして神様の力を宿すようにしましょう。
(神棚がない場合は高い場所、例えばタンスなどの上に、白い紙にのせてお供えをすれば大丈夫です。
②節分の日、日が沈む時間に窓を開けて家の奥から外に向かって豆をまく。
③豆をまく人は主人か年男に限る。
④『鬼は外、福は内』と元気良く掛け声をする。
⑤鬼を追い払ったらすぐに窓を閉める。
⑥窓を閉めたら自分の数え年の数だけ豆を食べる。
⑦食べたら鬼退治完了!

これが正しい豆まきのやり方。

まいた豆は、捨てずにきちんと数え年の数だけ豆を食べると、1年間病気にならず健康でいられると言われています。
また、まいた豆から目がでるのは縁起がよくないとされていますので、豆まきで使う大豆は炒った大豆を使うようにしましょう。

節分の由来まとめ

今回は、節分の由来について詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

簡単に作れる節分の折り紙まとめ

2019年3月11日

英語で節分を説明する方法まとめ

2019年3月11日

節分にいわしを食べる意味などまとめ

2019年3月11日

正しい節分の飾り方まとめ

2019年3月11日
節分は室町時代から続く伝統的な風習でもあります。

いろんな説がありますが、鬼退治をすることは代わりはありません。

きちんとした、節分の豆まきのルールを知った上で、家族みんなで節分を楽しみ、今年一年病気しないで、良い一年になるようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です