節分の時に食べる恵方巻きのルールや由来などまとめ

2月に入り、まずは最初のイベントと言えば、節分。

家族みんなで節分をするご家庭は多いかと思いますが、『そう言えば、節分の時恵方巻きなんで食べるのだろう・・・?』なんて思った事はありませんか?

今回は節分の恵方巻きについて詳しくまとめてみました。


節分の時の恵方巻とは?

恵方巻きとは、節分の時に恵方巻きを食べると縁起が良いとされている食べ物の1つです。

恵方巻き自体は、昔から伝わる風習でもありますが、恵方巻きと呼ばれるようになったのは、実はここ最近の話なんです。(詳しくは後ほどわかります)

なので、恵方巻きと呼ばれるまでは、『丸かぶり寿司』・『節分の巻きずし」・『幸運巻寿司』などと呼ばれていました。

節分の恵方巻きの由来とは?

恵方巻きのは、はっきりいっていろんな説があり、発祥や由来は謎のまま・・・。

定かではありませんが、大正時代初期の頃大阪の花街で、節分の時期にお新香を巻いた海苔巻きを恵方に向かって食べ縁起を担いでいた説から始まり、1930年代大阪鮓商組合が『節分の日に丸かぶり~恵方に向いて無言で壱本の巻寿司を丸かぶりすれば其の年は幸運に恵まれる』と書いたチラシを配布していたこともあり、当時のチラシが本福寿司(大阪中央区)に残っています。

1970年代、大阪海苔問屋協同組合が『節分の夜、恵方に向かって無言で家族揃って巻き寿司を丸かぶりすると必ず幸福が回ってくると昔から言い伝えられています』と書いたチラシを、寿司屋に海苔を納める時に配った説があり、1977年代、海苔業界による街頭イベント海苔祭りが大阪・道頓堀で開催され、節分の丸かぶりを取り入れた巻き寿司早食い競争が行われていました。

そして1980年代セブンイレブンが広島で恵方巻きの販売開始し、翌年より販売エリアが広がり、95年には関西以西の地区、98年には全国エリアで販売を初め、以前までは、丸かぶり寿司から恵方巻きとして商品名に採用しました。

このような宣伝活動と共に、様々なお店やメディアでも取り扱われるようになった事によって恵方巻きの認知度も拡大し、現在に至ります。

恵方巻きを食べる意味とは?

恵方巻きを食べるのは、なんとなく分かりますが、実際の所『なぜ食べているのか・・・?』までは知っている方は少ないかと思います。

恵方巻きは、福を巻き込むという事から巻き寿司である必要があり、七福神にあやかって7種類の具が入っている物太巻きが良いとされています。

なので、節分の時期豆を年の数だけ食べる方は多いかと思いますが、太巻きは福を巻き込む意味をこめて食べたりします。

そして縁が切れないようにという願いを込めて、まるごと1本食べます。

恵方巻きの正しい食べ方については、詳しく説明していきましょう。

節分の恵方巻きのルールとは?

恵方巻きはひとり1本!包丁で切り込みは入れないで食べる

恵方巻きを食べる時に気をつけてほしいことは、包丁で切り込みを入れない事。

縁が切れたり、福が途切れたりしないようにと、いろんな意味から包丁で切ってはいけません。

恵方巻きを選ぶ際に、7種類の具が入った太巻きを選ぶようにしましょう。

その年の恵方を向く

食べる時に、その年の福徳を司る歳徳神のいる方角で、食べるようにしましょう。

その方角に向かって事を行えば、何事も吉とされています。

願い事をしながら黙って最後まで食べる

しゃべりながら食べるのは禁物!

しゃべると運が逃げてしまうので、食べ終わるまで口をきいてはいけません。

さらに、目を閉じて食べる、笑いながら食べるという説もあります。

節分とは?

節分聞くと、2月3日だけを思い浮かぶ方多いかと思いますが、実は年に1回だけではないんです。

節分は、季節を分けるという意味もあり、実は春夏秋冬の季節の始まりはすべて節分なんです。

分かりやすく説明すると、1年に4回季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前の日が節分の日になります。

日本では昔から立春が一年の始まりとされ、立春の前の日の2月3日に豆まきと恵方巻きを食べ、この日が一番良い日とされていたため行事として今でも残っています。

一年の始まりが立春ということは、その前の日は昔の大晦日。

この日に一年の厄を払って、次の年を迎えるということで、厄除け=鬼に豆をまき退治するようになりました。

鬼という字を『おに』と読みますが、『おに』という日本語は『陰』に由来します。

『陰』とは目に見えない気・邪気のことをさしますので、それが『おに』なのです。

新しい年(立春)を迎える前日(立春の前日・節分)に、鬼に豆をぶつけて邪気(おに)を払い、福を呼びこもうというわけです。

節分の時の飾るものとは?

柊鰯を玄関に飾る

節分と言えば、鬼に豆を投げますが、その他にも飾るものと言えば柊鰯。

柊鰯と聞いてピンッと来ない方でも、鰯の頭が玄関に飾られてるのを見たことはあるかと思います。

柊鰯が飾られる理由を簡単に説明すると魔除け。

鬼は鰯の匂いが嫌いなので、匂いを強くする為に鰯を焼きます。

柊鰯によって、焼いた鰯の臭いで鬼を遠ざけ、尖った柊の枝で鬼の目を指すことによって、鬼が家の中に入ってくるのを防ぐと言われています。

日本では、昔から臭い物や尖った物には魔除けの効果があるとして、祭事などによく用いられる風習があります。

節分の飾りについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください⇩

正しい節分の飾り方まとめ

2019年3月11日

節分の恵方巻きについてまとめ

今回は節分の恵方巻きについて詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

簡単に作れる節分の折り紙まとめ

2019年3月11日

英語で節分を説明する方法まとめ

2019年3月11日

節分の由来まとめ

2019年3月11日

節分にいわしを食べる意味などまとめ

2019年3月11日

家族揃って同じ方向を向き、しゃべらずと太巻きを食べる光景はなかなかおもしろい光景ですよね。

真面目に最後まで成し遂げるのは結構大変だったりもしますが、一年幸福を願ってこれを機会に食べてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です