逆流性食道炎の症状と治し方はこちら


食事を終えた後、胃がムカムカしたり酸っぱい胃酸が喉の奥に上がってくるのを感じたことはありますか?

もしそのような症状があるのなら、逆流性食道炎にかかっている可能性があります。

今回は逆流性食道炎の症状と対処法についてまとめました。


逆流性食道炎とは?

胃から上がってきた胃酸が食道を荒らし炎症や腫瘍を発生させる病気

人間は食事をした食べた物は体内の胃液で消化されます。

逆流性食道炎とは、胃から上がってきた胃酸が食道を荒らし炎症や腫瘍を発生させる起こる症状です。

この逆流性食道炎になると、ご飯を食べた直後に吐き気をもよおしたり、ベッドで横になるだけですっぱい胃酸が上がってくるなどいろいろと不快な症状を感じてしまうんです。

もともと日本人には少ない病気でしたが、食生活の変化などによって年々患者さんが急増しており、最近では20~30代の若い患者さんも増えてきています。

逆流性食道炎の原因とは?

食事の内容や肥満や加齢などが原因

逆流性食道炎の原因は、食事の内容や肥満、加齢、などによって食道を逆流から守る仕組みが弱まったり、胃酸が増えすぎることで起こります。

脂肪分の多い料理をとりすぎや食べ過ぎによって、何もたべてない空腹の状態の時に下部食道括約筋がゆるみ、胃液が食道に逆流してしまうことがあります。

脂肪の多い食事は、胃酸を増やすことによって胃液の逆流を起こしやすくするので注意してください。

またタンパク質の多い食事に注意が必要です。

タンパク質の多い食事は、消化に時間がかかります。

そのため胃に長くとどまる時間が長い為、胃液の逆流が起こりやすくなるので注意してください。

また姿勢の悪さや肥満や加齢も逆流性食道炎の原因になります。

加齢は年をとると下部食道括約筋の働きが悪くなります。

食道のぜん動運動や唾液の量なども少なくなるため、逆流した胃液を胃に戻すことが、できにくくなると言われています。

背中が曲がるとお腹が圧迫されてしまう為、胃の中の圧力が高くなるため、胃液の逆流が起こりやすくなるので注意してください。

肥満の人は、逆流性食道炎の原因のひとつである、食道裂孔ヘルニアになりやすいことが分かっています。

腹圧が上がることで、逆流しやすくなるともいわれていますが、日本人では、肥満と逆流性食道炎の関係するデータがないので、肥満が逆流性食道炎の原因とは、はっきりとは言えません。

逆流性食道炎の症状とは?

胸やけや呑酸

胃液や胃の内容物が食道に逆流すると胸のあたりに焼けるような不快な感じがする胸やけが起こり、酸っぱい液体が口まで上がってきてゲップがでる呑酸(どんさん)という症状が現れひどい時は吐いてしまうこともありますので注意してください。

胸の痛み

胸がしめつけられるような痛みを感じる症状があります。

咳や喘息

逆流した胃液がのどや気管支を刺激したり食道の粘膜を通して神経を刺激したりして、咳や喘息が起こることがあります。

のどの違和感や声が枯れる

逆流した胃液で、のどに炎症が起こり、痛みを感じることがあります。

ひどくなると食べ物が飲み込みづらくなったり、声がかれたりすることもあります。

逆流性食道炎の治し方とは?

まずは食生活を改善することから

前回話した内容にも書いてありますが、脂肪分やタンパク質の多い食事をとりすぎないようにすることが大切です。

他に、胃酸を増やしたり胸やけの症状を悪くしたりすることのある甘いもの(チョコレートやケーキ)や香辛料(唐辛子やコショウ)や酸味の強い果物(みかんやレモン)など消化の悪い食べ物はとる量を減らしましょう。

普段のアルコールやコーヒーや緑茶を減らす

アルコールとカフェイン胃酸の分泌を増やすと同時に、食道下部括約筋をゆるめることが分かっていますので控えてください。

適度な運動を心がけてみて

肥満であることは、何かしらの負担となっていて、まず良いことはありません。

食生活の改善とともに、適度な運動を行い、肥満を解消しましょう。

寝る時の枕を10~20cm高くする

寝る時に、枕をいつもの高さより10~20cm高くすると、食道の位置が胃より高くなって胃酸が食道に逆流することを防止できます。

食後1~2時間は横にならない

食後1~2時間は胃酸が分泌されるため、横にならないようにしましょう。

横になってしまうと、胃酸が食道に達しやすくなるため、分泌された胃酸が食道を荒らしやすいんです。

禁煙をする

タバコを吸うことに良いことはありません。

タバコは逆流性食道炎を悪化させるので、禁煙に取り組みましょう。

お腹周りを締め付けない

ベルトを強くしめると、お腹に強い力が加わることで腹圧が上がり、胃酸が胃から食道へと上がりやすくなります。

ベルト、コルセット、ガードル、、着物の帯などおなかを締めつけるものは、逆流性食道炎を引き起こす原因となりますので注意しましょう。

逆流性食道炎の症状と治し方まとめ

今回は、逆流性食道炎の症状と治し方についてまとめてきましたがいかがだったでしょうか?

逆流性食道炎は、ご飯を食べた直後に吐き気をもよおしたり、ベッドで横になるだけですっぱい胃酸が上がってくるなど、いろいろと不快な症状を感じてしまいます。

最近では、若い方からも多く見られる症状でもあり、普段の生活に負担がかかってしまいますので、気になる方は1度病院に受診することをおすすめします。

もし、逆流性食道炎になってしまったら、医師の診断のもとあなたにあった正しい治療をして、症状を治してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です