大根

大根の保存方法のまとめ

2016/11/21

121

大根の収穫時期になり、ご近所からたくさん頂いてしまったり、

近所のスーパで安いからついつい買ってみたのは、良いものの大根を半分切った後にどのように保存したら良いのかしら・・・?

なんて思った方多いのではないのでしょうか?

今回は大根の保存方法についてまとめてみました。

スポンサードリンク

大根を保存する前の下処理のやり方

大根の葉が付いている場合は葉の部分を切り落としましょう。

大根を保存する前に、まずは下処理をしっかり行ってから保存をするようにしましょう。

大根の葉がついたままにしていると、葉から水分が抜けたり、大根の栄養をどんどん葉が吸収してしまい、大根本体がシワシワになってしまうのです。

なので、大根に葉が付いている場合は葉の部分を切り落とし、切る時のコツとして、大根本体のギリギリで切り落とすのではなく、

2cm程度上で切ると保存しやすくなりますので、覚えておいてくださいね♫

大根の葉っぱは捨てないで!

大根を下処理する際に、葉の部分を切り落とすと長期保存が可能ですが、
大根の葉には栄養価も高く他の料理で大活躍するのでうまく活用していきましょう!

例えば、

おみそ汁の具にしてみたり・・・。
大根の葉のお新香にしてみたり・・・。

ごま油で炒めたりして食べると意外と美味しいのです♫

なので、大根の葉を切り落としたら、きれいに洗い刻んで、フリーザーバッグやタッパーなどに入れて、冷凍保存すると、次の料理する時に便利です♫

大根を冷蔵庫で保存のやり方

大根を保存する際に、新聞紙で包んで、風通しの良い冷暗所にて立てて保存しましょう。

常温保存する時のコツとして、採れたての大根に泥がついていても、泥は洗い落とさずそのままにしていたほうが、長持ちします。

また、大根は低温化での保存が必要となりますので、夏場は、冷暗所で保存するより、大根を冷蔵庫の野菜室で保存することをおすすめします。

大根を野菜室で保存の場合は、泥が付いている場合は、しっかり洗い落とし、軽く湿らせた新聞紙で大根を包んで、ポリ袋に入れて保存しましょう。

本当は大根を立てて保存してほしい所ですが、入らないと思うので、横にして野菜室で保存すると良いでしょう。

大根の冷蔵保存期限

夏場の常温保存の場合、賞味期限は1週間以内
冬場の常温保存の場合、賞味期限は1ヶ月程度
冷蔵保存の場合、賞味期限は1週間以内

大根の冷蔵保存は正直言ってあまり長くはありません。

冬場であれば、1ヶ月程度は持ちますが、夏場で1週間置いておくと、大根がシワシワになってしまうのです。

長く置けば置くほど、どんどんシワシワになっていきますし、食べれないことはないのですが、味の質はかなり落ちてるので、早目に食べることをおすすめします。

切った大根の保存方法

切った大根は、全体をラップで包んだ状態で、切り口を上にして、立てて野菜室で保存しましょう。

よくやりがちなのが、切った部分だけをラップして、冷蔵庫に入れて保存している方が多いと思いますが、

その場合ラップをしていない所から乾燥してしまい、保存も長く出来なかったりします。

なので、ラップで全体を包み、切り口を上にして立てて保存するようにしましょう。

大根おろしの保存方法

122

大根おろしは、正直言って長期保存は出来ません。

大根おろしの場合は、おろしてから数十分なら大丈夫ですが、時間が経つにつれて、旨味辛みが消え、翌日には、両方が失われています。

なので、大根おろしの場合おろしたてが1番美味しく食べれます!

千切り大根の保存方法

千切り大根と言われて少し思いつかない方がいるかと思いますが、刺身の下によく敷いてある大根(つま)と説明したらわかりやすいかと思います。

千切り大根の場合も空気の触れる部分が多いので、正直言って長期保存は出来ません。

1日時間を置くと大根の色が変色し鮮度も落ちる為、作ったその日に食べるのがベストといえます。

切った大根の保存期間

切った大根の場合は賞味期限は5日程度
千切り大根の場合は賞味期限は、1日程度
大根おろしの場合は賞味期限は、数十分

切った場合の大根は、空気を触れないようにラップをしてもやはり長期保存には、向いていません。

スポンサードリンク

また、千切りや大根おろしは、時間が経つにつれて、旨味辛みが消え、翌日には、両方が失われていますので、その日のうちに食べることをおすすめします。

大根の冷凍保存方法

①まずは、大根をよく洗い泥をしっかり洗い落としましょう。
②皮を厚めに剥いて、3~4cmほどの厚さの輪切りにします。
③輪切りにした物を一つ一つを空気を外に出すようにしっかりとラップ包みジップ付きの冷凍用袋に入れてましょう。

冷凍保存の保存する際に、まるまる大根を冷凍庫に入れてしまうと、次調理する時にすごく手間がかかるので、小分けにして保存することをおすすめします。

煮物には冷凍保存の大根が最適!

冷凍した大根を、調理する時、解凍してしまうと大根はぐしゃぐしゃになりがちです。

なので、冷凍した大根は、煮物やおでんなど形が崩れても大丈夫な調理には最高な保存方法と言えます。

また、冷凍した大根を煮物やおでんなどつくる時、味がすぐに滲みこむというメリットがあります。

なので、この季節温かいおでんなんかを作る時には、丁度良いかと思います♫

冷凍するときの大根の切り方

冷凍するときの大根の切り方は、使用するときの調理方法に合わせて切ると次の調理する時にすごく便利です。

例えば、

おでんの具や煮物のときは、輪切りや半月切りしてみたり・・・。
おみそ汁の具にして使うときは、いちょう切りしてみたり・・・。

など使い方によって切り方を変えると調理しやすいです。

大根の冷凍保存期限

大根を冷凍保存した場合の賞味期限は、およそ1ヶ月程度もちます。

冷蔵庫に保存するより、はるかに保存期間は、長くなりますが、解凍すると形が崩れふにゃふにゃになりがちなので、調理法が限定されてしまいますが

煮物など味をじみこませる調理には最適といえますので、是非試してみてくださいね♫

大根の保存方法のまとめ

今回、大根の保存方法について詳しくまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

大根は、低温化での保存が必要となりますので、できるだけ冷暗所で保存するようにしましょう。

しかし、夏場は気温が高いため、冷暗所ではなく冷蔵庫で保存すると良いかと思います。

冷蔵保存でも持って1週間しか持ちません。

長期保存を望むのであれば冷凍保存すれば1ヶ月持ちますので、どのように調理するかで保存方法も変わってきます。

腐って捨ててしまうのは、もったいないのでそうならない為にも、保存方法を知っておくと便利なので、是非試してみてくださいね♫

スポンサードリンク

-大根