大根ダイエット方法と効果まとめ

 

最近話題の大根ダイエットは、大根を生で食べるだけの簡単ダイエットです。

ダイエットを成功させるためにはカロリー制限も必要ですが、価格の安い大根を生で食べるだけのダイエットなので簡単に始めることが出来ます。

しかし、口コミでは痩せないという失敗例も・・・。

今回は大根ダイエット方法と効果について詳しくまとめてみました。
[link]


大根ダイエットのやり方とは?

毎日1回輪切り6cm(350gほど)の大根を火を通さずに食べる

最近ではダイエットをしたい為にもお金がかかるサプリメントやエステ、運動器具などと言ったいろんな物がある時代ですがいずれも継続しないと効果がありません。

実際に私もサプリメントを飲んでた時もありますが、やはり毎月お金はかかりますしエステなんてもっとかかりました。笑

運動器具なんて買って1ヶ月もしないうちに家の何処かに眠っています。(本当にもったいない・・・。)

なので、必ず人間は必ず食事をするので食事から変えてみました。

生大根ダイエットは誰でも毎日続けられるシンプルなダイエット方法です。

毎日1回輪切り6cm(350gほど)の大根を火を通さずに食べるだけで体重やウエストが落ちていくんです。

加熱をしてしまうと大根に含まれている成分が、失ってしまうのでダイエット効果を得られなくなりますので注意しましょう。

6cmはけっこうな量と思いがちですが、例えば1日3食を食べる時2cmの大根を1日に3回食前または食後に食べる事でも大丈夫。

このように考えると無理なく続けられえますよね。

生のまま大根であればいくらでもアレンジ出来ますし、火を通さなければどんな食べ方でも大丈夫です。

しかし大根食べたからと言って、他のものを何も考えずに食べてもいいというわけではありません。

『大根を食べているから大丈夫!』なんて言って、他の物を食べ過ぎてしまいカロリー摂取量が多すぎてしまうと、せっかく脂肪をつきにくくしていてとしても、どんどんと脂肪がついてしまいますので注意しましょう。

大根ダイエットの効果とは?

脂肪の分解

大根にはリパーゼという消化酵素も含まれていて、リパーゼは脂肪の分解を促進する消化酵素であります。

脂肪を分解されることによって燃焼しやすい体の状態となり、この状態で運動をすることで更に脂肪を減らすことができます。

なので大根ダイエットをする際には、積極的な有酸素運動も取り入れてみると更に効果的と言えます。

活性酵素を無害化

大根にはイソチオシアネートという栄養素が含まれています。

活性酵素は肥満につながるとされている成分でもありますので、大根を食べることによってイソチオシアネートという成分が無害化することで肥満になりにくくなると言われているのです。

また、イソチオシアネートによって代謝が高まるとも言われていますので、代謝が高まることによって、体内の脂肪が燃焼しやすい体になりダイエットにつながると考えられます。

イソチオシアネートはガンの予防にもなると言われていますので、ダイエット効果以外にも健康的な体を維持するのにも役立つと言われています。

炭水化物の消化を促進と便秘解消

019

大根にはアミラーゼという栄養素も含まれていて、炭水化物の消化を促進するための消化酵素です。

脂肪として体内に蓄積されやすい栄養素なので、その炭水化物の消化を促すことで体に脂肪が蓄積しにくい状態を作ることができます。

炭水化物は普段の食事で主食となっている他、様々な食品に含まれているため減らしたり我慢したりするのはなかなか難しいものです。


だったら炭水化物を我慢してストレスを溜めるより大根を食べて、炭水化物の消化を促すことで体に脂肪が蓄積しにくい状態の体を作る方が無理なく続けられます。

またアミラーゼは体内でオリゴ糖に変化し、腸内環境を整備して善玉菌が多い環境に変えてくれるとも言われています。

水分不足で便秘の原因となりますが、大根おろしには多くの水分が含まれているため、水分不足による便秘を防いでくれることにもつながります。

そして大根には、食物繊維が含まれているので便秘解消効果がみられ、食物繊維は水分を抱え込む性質がある為、便に適度な水分を含ませて排出を促してくれるのです。

大根ダイエットする期間とは?

大根おろしダイエットの期間については、特に期限はありませんが、早い方では2週間ほどで効果が現れることもあるようなので、まずは体調を考慮しながら気長に続けてみましょう。

逆に言えば、少なくとも2週間程度は続ける必要があると言えますが、運動を組み合わせたり、食事のカロリーコントロールなどをしたりなどすればより早く効果現れるといわれています。

※しかし大根胃腸の調子を整える働きがありますので、過剰摂取することで逆に胃腸に負担になってしまうこともありますので注意しておきましょう。

なので、良く食べれば食べるほど効果が上がると勘違しやすいので、1日に6cm(350g)大根を摂取するぐらいが丁度良いと言われています。

大根ダイエットは新たな脂肪を蓄積しにくくすることです。

なので、現在体についている脂肪を燃焼させる効果はあまり大きくないと言えます。

なので、より効果を期待したい場合には、有酸素運動やカロリーコントロールなどを同時に取り入れるとより効果的といえます。

生大根ダイエットのやり方まとめ

今回大根ダイエットについて詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

大根の保存方法のまとめ

2019年3月4日

大根の冷凍保存方法まとめ

2019年3月3日

ダイエットは、最近ではいろんな方法があり、またサプリメントやエステなどお金がたくさんかかってしまったり、ジムなど行ったりする時間がなかったりで、なかなかダイエットが成功しない方が多いかと思います。

大根ダイエットの場合、食前または食事中に大根を6cm(350g)を目安に食べるだけです。

低コストでもあり、手軽にダイエットを始めることも出来ますし、また健康効果もありますので、興味のある方は1度試してみては、いかがでしょうか?

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です