かぼちゃ

女性でも簡単!力入らずに固いかぼちゃ切り方などコツ!

2016/11/21

84
秋の季節になり、この季節美味しい食材と言えばかぼちゃ。

かぼちゃは栄養がたくさんあり、健康効果・美容効果など効果がありますが、調理する際に固いかぼちゃに苦戦した方は多いのではないのでしょうか?

今回は女性でも簡単に切れるかぼちゃの切り方のコツ!についてまとめてみました。

スポンサードリンク

用意するもの

・まるごとかぼちゃ
・包丁
・まな板
・菜箸
・大き目のスプーン

女性でも簡単に力入らずに固いかぼちゃを切るやり方

STEP1 菜箸を使う

固くて切りにくいかぼちゃに苦戦した方は、多いかと思いますが、実は、菜箸を1本使うだけでかぼちゃが簡単に2つに切れるんです。

手順はとても簡単なので、騙されたと思って実際にやって見て下さい♫

①かぼちゃの真ん中に菜箸を刺す。

②菜箸を抜いてできた穴に包丁の先端を合わせて、その刃先を下すように、切れるところまで切り込みを入れる。
※力を入れる必要はありません。

③反対も同じように切り込みを入れて下さい。

④開くように、手でパカッと半分に割る。

これなら危ない思いをして、力を込めてかぼちゃを切る必要がないので、是非まるごとかぼちゃが手に入ったら試してみてください。

STEP2 ヘタを取る

ヘタを取るときに使用する物は、包丁とまな板のみ。

かぼちゃの上部の出っ張っているヘタを切り落とすと、さほど力を使わずに丸ごとかぼちゃを半分にすることができます。

ヘタを切り落として、切りたいところにぐるりと一周、包丁で切り込みを入れると、あとは力を入れなくてもすっと包丁が入るようになります。

※形がいびつで、まな板の上で安定しないかぼちゃの場合は、すべって手を切らないように注意してくださいね。

STEP3 1/4に切る

半分に割ったかぼちゃは、切断面をまな板につけて安定させてから好みの大きさにカットしていきましょう。

包丁をぐっと差し込み、てこの原理で下に切り落とせば、そんなに力を入れずにカットできます。

STEP4 種・ワタをとる

半分にカットした時点、または、1/4にした時点で、大き目のスプーンで種をかき出しましょう。

※かぼちゃは、種・ワタから傷み始めるので、カットしたらすぐに取り出しておくのがポイントです。

かぼちゃの切り方をもっと簡単にするコツ!

電子レンジで温める

85
1回のお料理で丸ごと1個かぼちゃを使う時、すぐに使い切るときは、まるごと電子レンジでチンしてかぼちゃを柔らかくすると、とても便利です♫

かぼちゃは、洗ってそのままレンジで加熱しても大丈夫です!

小~中サイズであれば、丸ごと600Wレンジで2分・大サイズであれば3分程度で皮が柔らかくなり、切りやすくなるのは、もちろんその後のお料理の工程も短縮できるので一石二鳥です。

加熱したかぼちゃは、ヘタをスプーンなどでくり抜いてから切るととても切りやすいので、ほとんど力はいりません。

※但し、加熱してしまうと保存が効かなくなりますので、なるべく早く使いきってくださいね。

スポンサードリンク

専用包丁を使う

かぼちゃにもいろんな種類があり、その中でも北海道にあるナタ南瓜というのは、名前の通りナタでなければ切れないほど固い皮であり、普通の包丁で挑むには怖すぎます。

そんな時は、かぼちゃなどを大きな野菜を割り切りするのに便利な菜切り包丁を使うことをおすすめします!

菜切り包丁は、刃幅が広く非常に薄く作られていて、大きくて硬いものを切るのに最適です。

かぼちゃ専用の包丁も販売されています。

1つあると、トウモロコシ・さつまいもなど、切るのに苦労する食材全てに使えますので、持っておくと便利かもしれませんね♫

女性でも簡単!力入らずに固いかぼちゃ切り方などまとめ

今回、力入らずに固いかぼちゃの切り方についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

まるごとひとつかぼちゃを調理するとなると、固くて大変なイメージがありますが、菜箸を使うことによって力入らずにかぼちゃを切ることができるので、是非試してみてください♫

また、電子レンジで、かぼちゃを温めることで、更にやわらかくなって切りやすくなり、その後の調理もしやすいので、おすすめします。

いずれにしても、かぼちゃは固い食材であるので、調理する際には、手を切らないように気をつけて、調理してくださいね♫

スポンサードリンク

-かぼちゃ