かぼちゃスープが簡単に作れる方法

90

秋の季節になりこの季節美味しい食材と言えばかぼちゃ。

かぼちゃはいろんな料理に大活躍してくれる食材とも言えますし、健康にも美容にも良い栄養が詰まっている優れた食材とも言えます。

そんなかぼちゃを使ってスープを作る方多いかと思いますが、実は簡単にかぼちゃスープを作ることが出来ます。

今回は簡単に作れるかぼちゃのスープについて詳しくまとめてみました。


かぼちゃのスープ作る時に用意する物とは?

・かぼちゃ 1/4個
・小麦粉 小さじ2
・牛乳 400㏄
・バター 10ℊ
・コンソメ 1~1/2個
・塩コショウ 適量

かぼちゃスープの作り方に入る前に材料を確認しておきましょう。

今回は家族みんなで食べれるように3人分〜4人分の量で記載しました。

かぼちゃには栄養が豊富に含まれているので、お子さんのおやつにも丁度良いかもしれませんね。
あとは包丁、まな板、鍋、ホイッパーがあれば大丈夫です。

簡単に作れるかぼちゃスープの作り方とは?

①かぼちゃ切り種を取り皮を切り落としましょう⇩

簡単に切れるかぼちゃの切り方まとめ

2019年3月7日
②かぼちゃの下処理が出来たら皿にかぼちゃを移して水をふりかけラップをしてレンジで柔らかくなるまで約4~5分加熱しましょう。
③加熱し終わりかぼちゃを触るとすぐに潰れるくらいの柔らかさになったらかぼちゃを鍋に移しホイッパーでかぼちゃを潰していきます。
④かぼちゃが滑らかになったら小麦粉を入れ粉っぽさが無くなるまで混ぜましょう。
⑤混ぜ終えたら牛乳を100㏄程入れかぼちゃと馴染ませたら残りの牛乳も入れましょう。
⑥沸騰させないよう弱火~中火かぼちゃを温めます。
※強火でやると焦げ付いてしまいますので注意してくださいね。
⑦スープが温まったらバターやコンソメや塩コショウを入れたら完成です。

かぼちゃスープを更に美味しくするコツとは?

コーヒー用ミルク入れると更に美味しくなる

かぼちゃスープの調理時間は約30分もかからず簡単に作ることが出来ますが、お好みでかぼちゃにコーヒー用ミルクを入れてみたり、乾燥パセリを入れてみたりすると、更に美味しくなりますので是非試してみてください。

かぼちゃスープを作る時のコツとは?

かぼちゃを柔らかくする時に電子レンジを使用しますが、加熱した後のお皿はとても熱いので火傷しないように注意しましょう。

かぼちゃを加熱してもなかなか柔らかくならない場合、楊枝などでさして硬ければレンジで追加加熱すれば大丈夫。

スープを温める際に強火で温めてしまうと鍋底が焦げやすいので、必ず弱火〜中火で温めるようにしましょう。

濃厚かぼちゃスープの作り方とは?

91

かぼちゃスープをもっと濃厚にするとさらに美味しく、お店で出て来る料理みたい美味しいので是非試してみてくださいね。

・かぼちゃ 1/4個
・牛乳 400cc
・小麦粉 小さじ2
・生クリーム  200cc
・塩コショウ 適量
・コンソメ(顆粒) 1~1/2個

濃厚かぼちゃスープの場合、先程紹介した手順の①〜⑥まで一緒です⇩

①かぼちゃ切り種を取り皮を切り落としましょう⇩

簡単に切れるかぼちゃの切り方まとめ

2019年3月7日

②かぼちゃの下処理が出来たら皿にかぼちゃを移して水をふりかけラップをしてレンジで柔らかくなるまで約4~5分加熱しましょう。
③加熱し終わりかぼちゃを触るとすぐに潰れるくらいの柔らかさになったらかぼちゃを鍋に移しホイッパーでかぼちゃをを潰していきます。
④かぼちゃが滑らかになったら小麦粉を入れ粉っぽさが無くなるまで混ぜましょう。


⑤混ぜ終えたら牛乳を100㏄程入れかぼちゃと馴染ませたら残りの牛乳も入れましょう。
⑥沸騰させないよう弱火~中火かぼちゃを温めます。※強火でやると焦げ付いてしまいますので注意してくださいね。
⑦温まったらバターやコンソメや塩コショウも入れ、そこに生クリーム200㏄を入れると濃厚かぼちゃスープの完成です☆

 

ミキサーなしで簡単かぼちゃスープの作り方まとめ

今回は、ミキサーなしで簡単にかぼちゃスープの作り方についてまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

女性に嬉しいかぼちゃの栄養で美容効果まとめ

2019年3月7日

簡単に切れるかぼちゃの切り方まとめ

2019年3月7日

妊婦はかぼちゃの食べ過ぎダメ?栄養効果まとめ

2019年3月6日

かぼちゃの栄養効果まとめ

2019年3月6日

かぼちゃ保存方法まとめ

2019年3月5日

かぼちゃの冷凍保存まとめ

2019年3月5日

かぼちゃは栄養も豊富に入っている食材でもあり、健康にも美容にもいい食材とも言われています。

かぼちゃスープは以外と簡単につくれてしまいますので、お子様のおやつタイムには丁度良いかもしれませんね♫

またすこし工夫するだけで濃厚スープに大変身したり、パセリなど加えると風味も変わってきますので、これを機会に是非試してみては、いかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です