正しい初盆の飾り方などまとめ

いよいよ夏本番の季節となりました。

この季節と言えば、お盆。

しかしお盆と言っても人によっては初盆の方も多いかと思います。

そんな時、『初盆の時の飾り付けってどうやるの・・・?』、『何飾れば良いのだろう・・・?』なんて思う方多いかと思います。

今回は初盆の飾りについて詳しくまとめてみました。


初盆の飾りはいつから飾る?

初盆の飾りは8月13日~16日の期間に飾る

初盆の飾りをいつから飾っていいのかな・・・?なんて思う方多いかと思います。

初盆の飾りは8月13日~16日の期間に飾りましょう。

しかし地域によっては旧暦によるお盆を行っている場合もありますので、その時は7月13日~16日がお盆となりますので注意しておきましょう。

きちんとこの時期に飾り付けをして16日には片付けるようにしましょう。

初盆の飾りはなぜ飾る?

初盆の飾りをするのは分かるけど、『なぜ飾るんだろう・・・?』なんて思う方も多いかと思います。

実際、私も調べるまでは、なんでだろう?なんて思っていましたからね。

初盆は、お盆と少し違い、故人が亡くなり四十九日法要が過ぎてから初めて迎えるお盆のことを言います。

なので、初盆は親族や知人などを招き、僧侶による読経、遺族及び参列者による焼香のあと、精進料理でおもてなしをしたりします。

この時に飾っておく物と言えば、精霊棚と盆提灯です。

精霊棚は12日頃から飾り位牌を仏壇から取り出し、仏壇の扉は閉めてその前に精霊棚の飾り付けをします。

精霊棚の飾り付け方についてはのちほど詳しく説明していきます。

そしてもう1つは、盆提灯。

盆提灯はお盆の時期に、霊が迷わず戻って来れるように目印として飾ります。

盆提灯にも種類が2種類あり、初盆の時は『白提灯』、それ以降にも用いる『絵柄の入った提灯』がありますので、初盆の時は、白提灯を飾るようにしましょう。

しかし中には白提灯を近親者から贈ることがありますが、近年では、住宅事情や飾るスペースなどを考慮し、不祝儀袋に『御提灯代』として現金を遺族に渡し、遺族が必要な個数を購入するようになってきています。

なので、白提灯は1つだけ用意するようにしましょう。

初盆の飾り方とは?

では、初盆の飾り方について説明していきますが、先程話したように初盆の飾りは精霊棚と白提灯の2種類を初盆の飾りとして飾りますが、精霊棚は亡くなった故人の霊が初めて仏様となって里帰りをする為におもてなしとして用意するようになりました。

そしてもう1つは盆提灯ですが、初盆にだけ飾るものが白提灯の白紋天です。

白提灯の白紋天は、御霊が自宅へ迷わず帰ってこられるよう、盆の入りに灯す提灯のことを表しますので必ず飾るようにしましょう。

精霊棚

精霊棚は、お住まいの地域によって異なり最近ではマンション住まいの方が多く大きな祭壇を作ることが難しくなっています。

お仏壇の前から段々に降りてくるような祭壇にしたら、お仏壇が壁際で盆提灯が置けなかったり、床の間がない場合や押し入れもない場合など、さまざまな事情や生活スタイルがあるかと思いますので、あなたの自宅事情にあった精霊棚を作った方が後々楽でもありますしきちんと飾れているので亡くなった故人にも失礼な行為になりません。

なので、精霊棚の場合、無理して大きいのを用意する必要はなく、家にあるもので代用出来る物を探してみたり、ホームセンターなので手に入る物を使って精霊棚を作るのもありだとおもいます。

盆提灯

そしてもう1つは盆提灯ですが、初盆に飾る盆提灯は白提灯の白紋天です。

白提灯の白紋天は、御霊が自宅へ迷わず帰ってこられるよう、盆の入りに灯す提灯のことを表しますので必ず飾るようにしましょう。

初盆の飾り付けとは?

①素麺
②昆布
③ほおずき
④生花
⑤なすの牛やきゅうりの馬
⑥水の子
⑦みそはぎの花
⑧夏の野菜・果物

初盆の飾り付けで用意する物は、以外と多いですがその中でもきちんと飾る意味はあります。

ほおずきは精霊が迎え火や提灯の灯りを頼りに帰って来ますので、ほおずきを提灯に見立てて盆棚に飾ります。

なすの牛やきゅうりの馬は、精霊があの世から帰ってくる時、この世から帰っていく時の乗り物とされています。

水の子は、なすやきゅうりをサイの目にきざみ、洗った米を混ぜて、清水を満たした器に入れて飾るもので、あの世で飢えに苦しみ渇いたのどに少しでもらくに通るようにとの祈りを込められて飾るものです。

みそはぎの花は、精霊花と言われていて、みそはぎを入れる灑水を洒水と言い、閼伽器に浸した冷たくて気持ちの良い水を水の子に降りかけてあげるために飾ったりします。

この様に初盆の飾りには飾る物によってきちんと意味が込められていますので、きちんと飾るようにしましょう。

初盆の飾りセットってあるの?

ここまで初盆の飾りについて説明してきましたが『初盆の飾りいろいろあって大変だな・・・。』なんて思う方も多いかと思います。

実際にあたしも用意するの大変だな・・・。なんて思いながら最初考えてましたが、最近では初盆の時のセットがあるので、わたしはそれを使って初盆を迎えるようにしています。

飾り付けの時に『これ買い忘れた!』とかあると、2度手間になってしまうのでわたしはセットで買ったほうが安心かと思います。

参考程度に見てみてくださいね。

初盆の飾り方まとめ

今回は、初盆飾りについて詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

初盆の香典の相場まとめ

2019年3月14日

初盆の時の服装まとめ

2019年3月14日

初盆の挨拶状の例文などまとめ

2019年3月14日

初盆のお布施の金額や書き方などまとめ

2019年3月14日

初盆のお供え物まとめ

2019年3月14日

初盆の飾る物と言えば、精霊棚と盆提灯でした。

それぞれ飾る物には、きちんと意味がありますのできちんと飾るようにしましょう。

また飾りを1つ1つ揃えていくのは大変かと思いますので、わたし的にはセットで買ったほうがおすすめ。

最近は、飾りセットというのも売られていて『これさえ揃えておけば大丈夫!』というものもお手頃な価格で販売されていますので、これから用意する方は是非参考にしてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です