初盆

初盆の香典は身内にはいくら?金額などまとめ

2018/07/06

いよいよ、夏本番の季節になりましたね。

この季節と言えば、毎年お盆があるかと思いますが、その中でも初盆を迎える方も多いかと思います。

初盆の時に香典を包む方多いと思いますが、そんな時『初盆の香典っていくら包めば良いの・・・?』なんて思う方多いかと思います。

今回は初盆の香典の金額についてまとめてみました。
 
 

スポンサードリンク


 
 

初盆の香典って相場いくら?

初盆の香典の相場は5千円〜1万円

早速、初盆の香典について説明していこうと思いますが『初盆の香典いくら包めばいいのかな・・・?』なんて思う方多いかと思います。

初盆の香典の相場は、5000円〜10000円です。

しかし初盆の香典を持参する金額は、住む地域によって異なったり、法要の内容や規模または、会場によっても異なります。

また、夫婦で法要の出席した場合、出席者にはお返しとして引出物が用意されるので、夫婦で出席する場合は、包む金額の2倍を入れるなどするなどキリの良い金額を包むようにします。

また初盆の法要の後、食事会(お斎)が行われる場合がありますが、お斎に出席する場合は、食事の分+香典の金額を準備します。

食事会(お斎)に出席する場合は、1人当たり3000円〜10000円程度のお食事代を香典金額にプラスして、キリの良い数字(数千円、数万円)といったキリの良い金額にして渡すようにしましょう。

初盆の香典を包む時に、4,9などは死や苦を連想する数字は避けるのがポイント。なので、1,2,3,5,7,10,20などがつく金額を包むようにしましょう。

夫婦で出席する場合や子供も出席する場合は、その分も見越して香典の金額を包みます。

これは、食事会(お斎)に出席する場合も同様です。

相場は大体分かりましたが、やはり皆さん友人の初盆の時に包む香典と親族に包む香典の金額はさすがに違うだろ・・・!なんて思う方多いかと思います。

では、親族や友人に包む香典の金額について詳しくまとめていきます。

初盆の香典親族に包む金額とは?

祖父・祖母の場合5千円~1万円、実父・母・ご兄弟の場合1万円~2万円

親族の初盆の時に包む香典の金額ですが、祖父・祖母の場合、5000円~10000円、実父・母・ご兄弟の場合、10000円~20000円を包みます。

これが一般的な初盆の親族に渡す香典の相場と言われていますが、住む地方によっては、金額が固定で決まっていたり、逆に初盆の香典をもらわないと言う場合もあります。

なので、初盆で香典を包む時は、家族や親戚に1度相談してから包む金額を決めた方が良いと思います。

初盆の香典友人に包む金額とは?

友人の初盆の香典は、5千円~1万円

では次に、友人の初盆の時に包む香典の金額ですが、友人の初盆の香典は、5000円~10000円が相場と言われています。

友人でも、故人との関係の深さによって金額が前後するのは当たり前。

初盆で、提灯を贈るような親しい間柄なのか、そうでないのかは自分達で決めること。

なので、友人の初盆の香典は、はっきりとした相場がある訳ではないので金額は少なくても、相手に失礼にはあたりません。

また友人というかご近所付き合いなので、初盆の香典を包む方多いかと思いますが、故人と近所付き合いがある場合、1人1000円、1軒3000円故人と近所付き合いが無い場合、一軒1000円の香典を包むのが、一般的です。

初盆の香典の表書きの書き方とは?

初盆の時に包む香典の金額の相場は大体把握出来たと思いますが、次は香典袋の表書きをどうやって書いたら良いのかわからない方も多いかと思います。

書き方を間違えてしまうと、相手の方に失礼に当たってしまいますのできちんと把握した上で、香典を渡すようにしましょう。
 
 

スポンサードリンク


 
 

初盆の香典袋は、『御仏前』、『御佛前』、『御供物料』と、表書きに書き、中央に夫のフルネームを書きましょう。

表書きで、夫婦の場合夫のフルネームを書くのが基本ですが、妻が、故人とご縁が深かった場合は、連名にして中央に書いた夫の氏名の左横に妻の名前だけを書きます。

そして、初盆の時の香典では、双銀や藍銀、黄白の結び切りの水引きの物を使うのが一般的です。

初盆の香典の時に、黒や白の物を使う方多いかと思いますが、これは、基本的に間違えなので覚えておく必要があります。

初盆の香典の金額のまとめ

今回は、初盆の香典について詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

初盆の時期や挨拶について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】初盆の挨拶の言葉とは?挨拶状の例文などまとめ

初盆の時の服装について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】初盆の時の服装とは?まとめ

初盆飾りはいつから?飾り方や飾りの付け方について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい⇩
>>>【関連記事】初盆飾りはいつから?飾り方などまとめ

初盆のお布施の相場とは?書き方など詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】初盆のお布施の相場とは?書き方などまとめ

初盆のお供えはお菓子?果物?花?お供え物について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい⇩
>>>【関連記事】初盆のお供え物とは?まとめ

初盆は、故人を祀る行事でもあり、包む香典にもマナーがありますので、失礼な行為に当たらないように、きちんと把握しておく必要があります。

マナーも大切なのはもちろんですが、1番大切なのは、故人を敬う気持ちです。

なので、故人を供養する気持ちを忘れずに、初盆を参加して下さいね。
 
 

スポンサードリンク

-初盆