新年の挨拶いつまで?まとめ

新しい年を迎えて、何かと忙しい時期でもある1月。

新年になり、まず最初のやることといったら新年の挨拶ですが、『そういえば、新年の挨拶っていつまでにやればいいのかな・・・?』なんて考えている方多いのではないのでしょうか?

今回は新年の挨拶はいつまで?について詳しくまとめてみました。


新年の挨拶いつまでにするのが正しい?

松の内までに挨拶する

新年の挨拶するのは、一般常識ですが、確かにいつまでにするという決まりなどは、あまり聞いたことありませんよね。

新年の挨拶は、一般的に松の内までに挨拶をするようにしましょう。

新年の挨拶は、正月を迎え、お正月の飾りを処分する時期とも言われる松の内までに、挨拶を終わらせておくのが、一般的ですが、ここで注意して欲しい事は、松の内は地域によって日付が異りますので注意しておきましょう。

※関東の松の内・・・1月7日まで
※関西の松の内・・・1月15日まで

関東の場合であれば7日まで、関西の場合であれば15日までと地域によって松の内の期間は違います。

なので、引っ越しや転勤などで知らない地域に行ったときは、その地域の松の内は、いつまでなのかを把握しておくと恥をかかずに済みます。

新年の挨拶を親戚の場合いつまでにするのが正しい?

15日頃までなら新年の挨拶して大丈夫

お正月は、お仕事もお休みの方が多いかと思いますが、年に数回しか会わない親戚の方たちとお正月会う方は多いのではないのでしょうか?

新年初めて会う15日頃までなら、『あけましておめでとうございます。』と言葉をふさわしいです。

もちろん会う機会があるのであれば、その場で『明けましておめでとうございます』とお正月の挨拶をすれば事が終わる話ですが、会えない場合、新年初めて会う時は、15日頃までなら新年の挨拶をきちんとする方が丁寧な印象を与えます。

では、16日以降は、どうしたらよいのでしょうか?

結論から言うと、16日以降に新年初めて会う時は『明けましておめでとうございます』ではなく、『今年もよろしくお願いします。』が望ましいです。

16日以降に新年初めて会う時は『明けましておめでとうございます』の年賀の言葉ではなく、『今年もよろしくお願いします』と挨拶することが望ましいでしょう。

これは、2月上旬の節分の時期までは世間一般からすれば、新春でありますので、節分の時期までは、今年もよろしくお願いします。と言う言葉を添えといた方が、常識のある方と印象がつきます。

新年の挨拶を義理の両親の場合いつまでにするのが正しい?

松の内期間に挨拶を済ませる

義理の両親に会う時は、親戚でもさらに丁寧に挨拶をするのようにしましょう。

親戚の中でも一番近い義理の両親には、悪い印象を持たれてしまったりするとのちのち面倒な事になったりします。

近い存在だからこそ、抑えるところは抑えましょう。

それが、家庭の問題を引き起こさないポイントの1つだったりもします。

例えば、自分たちが住んでいる地域が関東であっても、義理の両親たちが住む地域が関西だったら松の内が違いますよね。

このように、松の内の違いから挨拶が遅れてしまったりすると『挨拶にも来ないで非常識な人。』と、言う印象を持たれてしまうパターンもあるのです。

新年の挨拶を義理の両親に会いに行ける場合は?

会いに行ける場合は、三が日または遅くとも松の内の期間までには顔を見せに行きましょう。

元気にしている様子や孫をを見せたり、健康を気遣っているということを態度に表したりするだけでも、だいぶ印象が良いと思います。

また、会いにいける場合、お年賀を持って挨拶に行くと、相手の方に更に好印象が持てますので、持参出来る場合は、手土産を持って挨拶行くことをおすすめします。

新年の挨拶を義理の両親に松の内までに挨拶が出来ない場合は?

海外に住んでいたり、何らかの事情で松の内までの挨拶ができない場合は、どんな季節でも、その年で初めて顔を会わせる時に、挨拶が遅れてしまった非礼を丁寧に詫び、『今年もどうぞよろしくお願いします。』と頭を下げるようすること。

簡単に言ってしまえば、相手に不愉快な思いをさせなければ良いだけの話。

だから、難しく考えずに、今年も仲良くしたいという気持ちを込めて挨拶をするようすればお互い良い関係が続くと思います。

新年の挨拶を職場の場合いつまでにするのが正しい?

仕事初めの日は、それぞれの会社によって異なるかと思いますが、新年になって初めての出社の週に、『明けましておめでとうございます。』と挨拶しない人は逆にいないと思います。

しかし、他の部署の方や取引先の相手など、すぐには会わない人もいます。

そのような場合も同様、新年初めて会う時が15日頃までなら新年の挨拶をきちんとして16日以降になる場合であれば、今年もよろしくお願いしますと挨拶することが望ましいです。

2月上旬の節分の時期までは、『今年もよろしくお願いします。』の一言は必要ですが、節分を過ぎて初めてその年に会う取引先の人には特別な挨拶がなくても良いです。

ただ、取引先の相手が先に挨拶をしてきた場合は、同じように挨拶を返す感じで大丈夫です。

新年の挨拶いつまで?まとめ

今回は、新年の挨拶いつまで?について詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

新年に送るビジネス挨拶文まとめ

2019年2月23日

新年の挨拶の喪中まとめ

2019年2月23日

新年に送る英語で挨拶文まとめ

2019年2月23日

新年に送るビジネス挨拶メールまとめ

2019年2月23日

新年の挨拶は、一般的に松の内の期間までに挨拶するようにしましょう。

しかし、松の内の期間は住む地域によって異なる事も忘れないようにしましょう。

これを知らないで、挨拶を遅れたりしてしまうと『常識がない人!』って印象をもたれてしまうのは、自分です。

そうならない為にも、きちんと把握しておいて挨拶をし、皆さんと良い関係を持って1年を迎えてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です