お正月飾りいつまで飾る?まとめ

新しい年を迎えて街中はお正月の時期になりました。

お正月の飾りと言えば、門松やしめ飾り鏡餅など年を越す前に飾る方多いかと思いますが『そう言えばお正月の飾りはいつまで・・・?』なんて思っている方多いかと思います。

今回はお正月飾る時期について詳しくまとめてみました。


お正月飾りとは?

神様を心から歓迎するための準備として飾る物

お正月は年神様やご先祖様が我が家にやってくると言われているとても大切な日です。

なので、お正月は歳神様を家にお迎えし祝う行事の1つでもあります。

歳神様とは先祖の集合霊のことを呼んだもので、年の初めにやってきて、その年の家族の健康や五穀豊穣を約束してくれる神様のことを表します。

つまり、正月飾りはその歳神様を心から歓迎するための準備として飾るものです。

正月飾りで代表的なものと言えば、門松、破魔矢、しめ飾り、鏡餅があり、それぞれの物に、飾る意味がきちんとありますの知っておくことをおすすめします⇩

お正月の飾りまとめ

2019年3月11日

松の内とは?

お正月飾りを飾る期間

お正月の話題になると、松の内と言う言葉をよく耳にするかと思いますが、松の内とは門松を飾ってある期間という意味で、簡単に言うとお正月飾り(門松・しめ縄・鏡餅)などを飾る期間の事言います。

なので、松の内の時期が過ぎたら、門松、しめ縄を外しましょう。

また松の内(門松を飾ってある期間)は神様に待っていただいてる期間という意味を持ちます。

※松の内の期間は全国の地域によって大きく異なります。

なので、お正月飾りを外す日も地域によって違いますので気をつけましょう。

地域によって松の内の期間は違う?

関東は1月7日まで関西の場合1月15日まで

松の内はお正月飾りを飾る期間ではありますが、実は地域によってその期間が違うのをご存知でしょうか?

なので住む地域によって異りますので、きちんと把握した上でお正月の飾りを飾るようにしましょう。

関東の場合は1月7日まで、関西の場合は1月15日までが松の内の期間です。

このように見ると、関東と関西で大きく期間が違うことがわかりますね。

しかし、なぜこのように期間の差があるのかちょっと不思議に思ったりしませんか?

これはとある諸説でありますが、昔鏡開きは1月20日だったのです。

しかし、歴史上であの有名な徳川家康が4月20日になくなり、同じ20日に鏡開きをやるのは、良くない!と言う考えから徳川幕府があった関東の鏡開きは11日、松の内を7日に変更したのです。

しかし、その変更したことが関西ではうまく関西では15日までが松の内期間、鏡開き期間と今でもなっています。

お正月飾り門松の場合いつまで飾る?

関東は1月7日まで関西は1月15日まで飾る

門松を飾る関東では1月7日、関西では1月15日まで飾りましょう。

お正月飾りで代表出来なものと言えば門松。

門松を飾らない家庭は少ないかと思いますが、門松は神様が家を探す時の目印となるものでもあります。

お正月飾りしめ縄の場合いつまで飾る?

関東は1月7日まで関西は1月15日まで飾る


門松を飾る関東では1月7日、関西では1月15日まで飾りましょう。

しめ縄も門松同様、関東では1月7日まで関西では1月15日まで飾りましょう。

門松やしめ縄の場合、例えば関東に住む方であれば7日で飾るのを辞めて、飾り終えたお正月飾りは、多くの人が小正月と言われる1月15日に行われるどんど焼き処分したりします。

お正月飾り鏡餅の場合いつまで飾る?

1月11日まで飾る

鏡餅は1月11日まで飾りましょう。

お正月飾りの1つとして代表的な物の1つである鏡餅。

鏡餅は新しい年の始まりを表し、神様にお供えした鏡餅には力が備わっており、それを食べることで一年間の無病息災につながると言われています。

なので鏡餅を飾り終えた後は、家族全員で美味しくその餅を頂くようにしましょう。

※ただし包丁などの刃物で鏡餅を切ることは、切腹を連想させるため禁忌です。

しばらく飾ってあった鏡餅は硬くなっているので、包丁で切ってしまいたい気持ちは分かりますが、包丁などの刃物で鏡餅を切ることは禁忌です。

水につけたり電子レンジで温めたりするだけでも、お餅は柔らかくなりますので試してみてくださいね。

お正月飾りいつまで?などまとめ

今回は、お正月飾りいつまで?などについて詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか?
お正月の飾りについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩

お正月飾りの折り紙のまとめ

2019年3月11日

お正月飾りはいつから飾る?まとめ

2019年3月11日

お正月飾り処分方法まとめ

2019年3月11日
お正月飾りを飾る期間は住む地域によってことなりますので、注意しましょう。

関東では、1月7日、関西は1月15日までを松の内とし、その期間までお正月飾りを飾っています。

新年を迎えて、今年1年良い年になるように、やることはきちんとやって良い年にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です