お彼岸のお墓参りの時期やお供え物まとめ

001
お彼岸の季節になり、お墓参りをする方多いかと思いますが、『お彼岸のお墓参りの時期はいつなんだろう?お供え物は?服装はどんな格好をして行ったら良いのかな?』なんていろいろと思う方多いかと思います。

今回はお彼岸のお墓参りについて詳しくまとめました。


お彼岸のお墓参り行くのはなぜ?

お彼岸に季節になり、お墓参りをする方多いかともいますが、『そもそもなんでお墓参り行くのだろう・・・?』なんて思う方も少なくないかと思います。

お彼岸は、1年の中でこの世のあの世が最も近くなる日とされていて仏教徒として正しく過ごすという期間と言われています。

そしてこの時期に、ご先祖様のお墓に私たちから挨拶に行く事をお彼岸と言います。

仏教ではあの世のことを彼岸と呼び、この世のことを此岸と呼びます。

彼岸は西に、此岸は東にあるとされており、真西に沈む春分と秋分は、彼岸と此岸が通じやすくなると考えから先祖供養をするようになりました。

迷いに満ち溢れたこの世(此岸)から、迷いや苦しみのないあの世(彼岸)へ到達する為に、自分自身の修行として心を鍛える期間と言われており、今の暮らしがある事はご先祖様のおかげである事を感謝して過ごす日になりました。

お彼岸のお墓参りの時期はいつ?

お彼岸の時期は、春のお彼岸は3月の春分の日をお中日として前後3日間を合わせた7日間と秋のお彼岸9月の秋分の日をお中日として前後3日間を合わせた7日間と決められていますが、お彼岸のお墓参りはお彼岸の期間の7日間のうちどこか1日だけ行けば大丈夫です。

お彼岸のお墓参りは、この日に行かなくては行けないとか言う日やこの時間に行かなくては行けないという決まりはありませんが、お墓参りの常識から午前中に行くのが一般的と言えるでしょう。

午前中に行くことが出来なくてもお寺も遅くまでやってはいないので、なるべく夕方になる前までにお墓参りを済ましておきましょう。

お彼岸のお墓参りの供える物とは?

お彼岸のお墓参りの時にお供えものを持って行くかと思いますが、お寺に持っていく場合は、日持ちするお菓子(おせんべい、お饅頭、粟おこし、どら焼き、羊羹、クッキーなど)が1番良いです。

また親戚など知り合いの所にお供え物を持っていく場合は、お菓子、フルーツ、お線香、花束、故人が好きだったお酒や食べ物などをお供え物として持って行くようにしましょう。

私の場合は私の住んでる地域の特産物をお土産に持っていくようにしています。

お供え物は、お備え終わったら皆さんで召し上がっても良いものでもありますからね。

ただし生物とかはさすがに持っていけないので、美味しいお菓子なんかを持って行くようにしています。

お彼岸のお墓参りの時の花はどんな物選べば良い?

お彼岸のお墓参りのお供えをする時の仏花は、菊の花を飾るイメージが強いかと思いますが、菊の花でなければいけないと言う決まりはありません。

お彼岸のお墓参りの時のお供えする花は、一般的には白や淡い色の花(白百合や胡蝶蘭、トルコキキョウ、カーネーション)などの花を持っていくようにしましょう。

お彼岸のお墓参りの時の服装とは?

では、お彼岸のお墓参りの時の服装は何着て行ったら良いのかな・・・?なんて思う方多いかと思いますが、お彼岸のお墓参りの時の服装は普段着でも構いません。

法事や法要などの時にはきちんと黒を基調とした正装をする必要がありますが、お彼岸のお墓参りは普段着で全然大丈夫。


しかし親戚間で喪服などを着用するというのであれば、周りに合わせる必要がありますので、普段着で大丈夫と言われていても、お墓参りの時期には、他の遺族の人と会う可能性が高いのでその人たちに会うことも配慮しておいて、派手過ぎない服装、きつい香水、派手な化粧などは避けた方が良いでしょう。

お彼岸の墓参りの時お布施は必要?

お彼岸の墓参りの時お布施は必要かしら・・・?なんて思う方多いかと思いますが、お彼岸のお墓参りの時はお布施を準備する必要はありません。

だって、ご先祖様のお墓を綺麗にして手を合わせて帰るだけですからね。

しかしお布施がいらないのはお墓参り行く時だけ。

お彼岸のお墓参り時にお坊さんを呼んでお経をあげてもらったり、

お寺で開催される合同のお彼岸法要に参加する場合はお布施が必要になりますのでそこだけ注意しておきましょう。

お彼岸の墓参りの時お布施の価格は?

お彼岸のお墓参りする時はお布施はいりませんが、お坊さんを呼んでお経をあげてもらった時は、感謝とお礼の気持ちを込めてお布施を用意します。

自宅にお坊さんを呼んでお彼岸の法要をして頂いた場合、お布施の相場は1万円〜2万円。
院号などの位の高い戒名を頂いて場合、3万円〜5万円。
※この時、お布施とは別に御車代3千円〜5千円ほど包むのが常識です。

と、言ってもお彼岸のお墓参りのお布施の金額には特に決まりがなく、中には毎回3千円〜5千円お布施として包む方もいるそうです。

なので、住む地域のお寺によって考え方も異なるかと思いますので、お寺さんや両親、親戚などにどのくらいお布施を包んでいるか聞いてみるのが1番かと思います^^

お彼岸のお墓参りの時期やお供え物まとめ

今回はお彼岸のお墓参りについて詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

お彼岸のお墓参りは、春のお彼岸は、3月の春分の日をお中日として前後3日間を合わせた7日間、秋のお彼岸は、9月の秋分の日をお中日として前後3日間を合わせた7日間のどれか1日お墓参り行けば大丈夫。

なのでこれを参考にきちんとお彼岸のお墓参りをしてご先祖様にきちんと挨拶するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です