新年

初詣はいつまで?まとめ

2018/01/09


新しい年を迎えて、良いお正月を過ごしている方多いかと思いますが、その中でも、初詣を行く方は多いのではないのでしょうか?

そういえば、初詣はいつまで行けば良いの・・・?なんて思う方多いかと思います。

今回は初詣のいつまで?について詳しくまとめてみました。
 
 

スポンサードリンク

 
 

初詣とは?

新しい年を迎えて、『初詣行こうよ!』なんて言う会話をする方多いかと思います。

しかし、初詣を行く意味をよく知らないで、なんとなく行っている方多いかと思います。

初詣は新しい年になって、お正月に初めて、神社やお寺や寺院に参詣し、その一年の幸せを祈願することを初詣でと言います。

なので、『今年も一年良い年になりますように。』って神社などに行き、きちんと参詣することが重要となります。

初詣の意味とは?

初詣は、神社やお寺や寺院などに、初めて詣でる事。

詣でる=自分の意志で行く事。

これに対して、参ると言うのは、呼ばれて行く事になります。

つまり、自分の意志で神社などに行き、きちんと参詣して、挨拶をして、今年も良い年になりますようにと、自分から行くことに意味があるのです。

初詣の意味について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】初詣の意味とは?

初詣はいつまで行けば良い?

初詣と言ったら、『元日に行くものだ!』、『三が日以内なら大丈夫でしょ!』、『松の内まではお正月だから、それまでは行けば良いでしょ!』など様々な、意見を耳にするかと思いますが、はっきり言って、いつからいつまで行けば良いと言う明確な決まりはありません。

中には、1月中であれば良いという考えがある所もあったり、住む地域によって違かったりもします。

なので、皆さんお正月、挨拶周りとか年賀状を書いたりなど忙しい時期でもあります。

なので、あなたの都合の良い日を決めて、きちんと予定を立てて行くのが良いと思います。

しかし、一般的には初詣と言うと、初詣は松の内に行くのが目安になっています。

確かに、松の内期間であれば、世間はお正月の雰囲気は出てますので、お正月の気分を味わいたいのであれば、松の内期間に行くのも良いかもしれませんね。

無理をせず、自分の予定と相談して行くようにしましょう。

初詣のやり方とは?

①古いお札とお守りを奉納する

まずは、去年お世話になった神様のお札やお守りは、初詣での際に神社に持参して奉納しましょう。

神社では、古いお札やお守りを浄め、焚き上げをしてくれます。

きちんと去年の物を浄めをして、今年のお守りやお札を準備することが重要です。

②絵馬を奉納する

初詣と言ったら、絵馬を思いつく方多いのではないのでしょうか?

絵馬は、今年の願いごとを書いて奉納すると願いが叶うと言われています。

なので、今年1年のお願い事を書きましょう。

例えば、受験、結婚、恋愛、仕事、健康など、なんでも良いのです。

あなたが望む事をきちんと書きお願いをするようにしましょう。

③初正月の縁起物を買う

縁起物はそれぞれ、物によってそれぞれ意味が違います。

例えば、破魔矢は、厄除けや無病息災を願う縁起物と言われていますので、自分が望むものを購入するようにしましょう。

お正月の飾りについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】お正月の飾りまとめ
 
 

スポンサードリンク

 
 

④おみくじをひき、奉納する

初詣の時におみくじを引く方は多いのではないのでしょうか?

その年の吉凶を占うおみくじをひき、今年一年の運勢を見てみましょう。

おみくじを信じる、信じないは個人の自由ですので、これと言った決まりはありません。

凶みくじのみ結んで帰り、吉みくじは持ち帰る。

願いが叶う=おみくじはすべて結んで帰る。

など、いろんな諸説がありますが、境内の植栽に勝手に結ぶと樹木の生育が悪くなってしまいますので、決められた場所に、適度なマナーをもって結ぶようにしましょう。

⑤初詣での帰り道は寄り道しない事

ここ最近では、元旦でも営業しているお店が増え、初詣行った後に、家族や恋人や友人と、ご飯を食べて帰ると言う方多いかと思いますが、ある一説によると、福をこぼさないように、まっすぐに帰宅せよ。

つまり、『頂いた福はすべて持ち帰れ』という説があります。

事の真偽は定かではありませんが、昔の人は、お札やお守りを懐に大事にしまって、まっすぐ帰宅すると良いと言われています。

松の内とは?

お正月の話題になると、松の内と言う言葉をよく耳にするかと思いますが、松の内とは門松を飾ってある期間という意味で、

簡単に言うと、お正月飾り(門松・しめ縄・鏡餅)などを飾る期間の事言います。

なので、松の内の時期が過ぎたら、門松やしめ縄を外しましょう。

また松の内(門松を飾ってある期間)は、神様に待っていただいてる期間という意味を持ちます。

関東の場合・・・1月7日まで
関西の場合・・・1月15日まで
※松の内の期間は、全国の地域によって大きく異なりますので、注意しておきましょう。

初詣はいつまで?まとめ

今回は、初詣はいつまで?について詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

初詣とは?意味などについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】初詣とは?意味などまとめ

お正月の飾りについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】お正月の飾りまとめ

お正月飾りはいつ飾る?について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】お正月飾りはいつ飾る?まとめ

お正月飾りいつまで?について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】お正月飾りいつまで?などまとめ

お正月飾り処分方法について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】お正月飾り処分方法とは?まとめ

お年賀の正しいのしの書き方についてはこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】正しいお年賀のし贈り方まとめ

お年賀とは?意味などについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】お年賀の意味とは?まとめ

新年に送るビジネス挨拶文について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】新年に送るビジネス挨拶文まとめ

新年に送るビジネス挨拶メールについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】新年に送るビジネス挨拶メールまとめ

新年に送る英語で挨拶文について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】新年に送る英語で挨拶文まとめ

初詣と言ったら、三が日や松の内や1月中に行けば良いなど、様々な意見を耳にしますが、実際の所、決まりはありません。

自分の都合の合う時に、行ききちんと参詣することが重要です。

なので、無理をせずにきちんと初詣を行き、今年一年を良い年にしてくださいね。
 
 

スポンサードリンク

-新年