祝日

父の日の由来とは?

2017/05/10

6月の祝日言えば、父の日。

いつもお世話になっているお父さんに感謝する日でもありますが

父の日っていつからできたんだろ?由来って一体何なんだろ・・・?なんて思う方多いかと思います。

以外と知られてない事でもありますよね。

今回は父の日の由来について詳しくまとめてみました。
 
 

スポンサードリンク


 
 

父の日いつ?

毎年6月の第3日曜日が父の日です。

結構忘れがちな父の日ですが、父の日は6月。

母の日の次の月なのは、分かっていても、『6月のいつだ?!』

って言う方も多いかと思います。

これでは普段頑張ってくれてるお父さんが可哀想なのでしっかりと覚えておきましょう。

父の日は、毎年6月の第3日曜日が父の日です。

なので、2017(平成29)年は6月18日が父の日になります。

※ただし、毎年日付が変わりますので、そこは注意して下さい。

・2018(平成30年)年は6月17日
・2019(平成31年)年は6月16日
・2020(平成32年)年は6月21

父の日の由来とは?

そもそも父の日ってどこからきた?いつからきた?なんて思う方多いかと思います。

実は、父の日は、母の日と同様、アメリカから伝わってきました。

1907年に、『お母さんを大切にする気持ち、感謝する気持ちを大切にしょう』

とアンナと言う女性が支援者たちを集めて、全国的に広めたのが母の日の始まり。

そんな母の日の活動がある事を知った、ソノラ・スマート・ドット(ジョン・ブルース・ドット夫人)が

『母の日のように、父親にも感謝する日を作ろう!』と牧師協会へ嘆願したことがきっかけで始まりました。

ソノラは、父親と母親と兄弟・姉妹6人、合計8人の大家族の家庭でした。

そしてソノラの父親の仕事は、軍人。

つまり、戦争が始まると軍人は、戦地へと召集されます。

父親の留守中、ソノラの母親は女手ひとつで、6人の子供を抱え、働きながら一家を支えていました。

しかし、戦争が終わり帰ってきて復員する時、ソラノの母親が過労で亡くなってしまいました。

そこから、父親と子供6人の生活が始まり、

なれない家事や子育てを働きずくめの日々を送りながら、子供が皆成人するまでこなしました。

子供が成人し終わり、まるで役目を果たしたかのように、その後に父親は亡くなりました。

ソラナにとってお父さんはみんなの為に仕事をして来てくれて、帰ってきたら家事や子育て

をしてくれて感謝でいっぱいの気持ちなんでしょうね・・・。

ソラナは、母に感謝する日があるなら、『父にも感謝する日を作るのは当然だ!』と思い

ソノラは、父親にも感謝する日を作って欲しいと牧師協会に嘆願したのが1909年。

翌年の1910年6月19日に、父の日の最初の祝典が開催されましたが、

初めたばかりと言う物もあってか、一般人になかなか知れ渡るのにも時間がかかりましたが

1916年の父の日の祝典でアメリカ合衆国第28代大統領ウッドロー・ウィルソンが

演説を行ったことで、父の日が広く知れ渡っていき、

そして1966年には、アメリカ合衆国第36代大統領リンドン・ジョンソンが
父の日を称賛する大統領告示を発し、
6月の第3日曜日を父の日に、正式に国の記念日として制定されたのは1972年からです。
 
 

スポンサードリンク


 
 
日本では、父の日が広まり始めたのは、1950年頃からなのですが、

初めは全く認知度はなく、父の日として知れ渡ったのは1980年代に

デパートなどが、販売戦略の一つとして父の日をイベント化した事により、広まったきっかけと言われています。

父の日に贈る物とは?

黄色いバラをあげるのが代表的です。

父の日は、なぜか知名度が母の日に比べて低く、

『母の日であれば赤やピンク色のカーネーションを贈る!』と言う方多いかも知れませんが

では、父の日の贈り物と言えば?と聞くと以外と分からない方が多かったです。

これでは、家族の為に頑張ってくれてるお父さん可哀想・・・。

父の日に贈るプレゼントの代表的な物は、バラです。

母の日はカーネーションを贈るのが一般的ですが、父の日ではバラを贈るようにしましょう。

そして日本では、幸せや幸福とされている色が黄色を表すことから

父の日には、黄色いバラを贈るのが一般的と言われています。

父の日の由来などまとめ

今回は父の日の由来などについて詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

父の日を英語で伝えたい場合は、こちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】父の日を英語で伝えるには?まとめ

父の日に贈るメッセージについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】父の日に贈るメッセージとは?

お父さんが喜ぶ!父の日プレゼントランキングについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】お父さんが喜ぶ!父の日プレゼントランキング

父の日は、母の日と同様アメリカから伝わって、今の日本にも父の日をお祝いする大切な行事です。

これを機会に、日頃お世話になっているお父さんに、感謝の気持ちを込めて

黄色いバラをプレゼントしてあげてはいかがでしょうか?^^

素敵な父の日を過ごしてくださいね♫

 
 

スポンサードリンク

-祝日