入学祝いの書き方とのし袋の選び方まとめ


4月のイベントと言えば、入学式。

新しい環境でのスタートをする方にお祝いとして、親しい知人や親戚などに新入園や新入学のお子さんがいれば、入学祝いを贈ろうと考えられていることと思います。

そんな時、入学祝いの書き方ってどうやってかくのだろう・・・?なんて思う方多いかと思います。

今回は入学祝いの書き方について詳しくまとめてみました。

スポンサードリンク

入学祝い正しいのし袋の選び方とは?

紅白蝶結びの物を選ぶ

のし袋には、いろいろな種類の物がありますので、その時にあったのし袋を用意しないと相手の方に大変失礼になってしまうので、絶対に間違えないようにしましょう。

入学祝いののし袋を購入する時に、気をつけて見て欲しい所は結び目です。

水引きの結び目には、蝶々結びと結びきりの2種類あります。

のし袋の結びきりは、結婚式やおくやみの時に使われるもの。

結び目が固く結ばれている事から簡単には解けないので1度きりであってほしい時の場合に使われます。

のし袋の蝶々結びは、何度も結び直せる事から慶事や何回もあっても良い事の時に使用します。

なので、入学祝いとかは蝶々結びののし袋の物を選ぶようにしましょう。

のし袋可愛いデザインの物使える?

最近では、祝儀袋もいろんなデザインがありますが、入学祝い用とかの可愛いデザインの物も多く販売されていますので、それを活用するのも、もちろんありです。

ただ、贈る相手が上司の子供などに目上の方に対しては、入学祝い渡す時は、控えた方がマナー的には良いとされています。

そんな時は、可愛い祝儀袋をお子さん本人に手渡ししてあげると喜んでくれるかもしれませんね。

水引きが印刷されている物は使える?

のし袋で水引きが印刷されている物は、お祝いの金額が3万円程度までなら、水引は印刷されている封筒タイプものも使えるというのが一般的なマナーですが、実際は、水引きが印刷されている物は1万円程度までのお祝い金の時に使う事が多いです。

最近では、ご祝儀袋の包装裏に、包む目安の金額が書かれていることが多いので、購入する前に確認してから買いましょう。

入学祝い平均相場はどのくらい?

兄弟と姉妹や親戚関係なら1〜3万円で友人と知人は5000円が相場

入学祝い平均相場は、その人の生活環境にもよりますが兄弟や姉妹を含め親戚なら1万〜3万、友人などの場合は3000〜5000円程度が相場と言われていますが、これはお付き合いの深さや社会的立場によって違ってくるのであくまで参考程度にしておくと良いかと思います。

入学祝いのし袋の包み方とは?

水引きのあるのし袋では、包み方があります。

これを知らないで、そのまま渡してしまうと失礼な行為に当たりますので覚えていくようにしましょう。

入学祝いのし袋の場合、外袋の裏側の折り返しの部分に注意をして包みましょう。

祝い事の時は、めでたい上向きの気持ち『慶びを受ける』ように、上向きが外側になるように祝い重ねにして水引でとめます。

入学祝いのし袋書き方とは?

上の段には祝御入学と書き、下の段には贈る方の氏名を書く。

上の段には、『祝御入学』と書きましょう。

しかし、4文字なので縁起が悪いと気になさる方は、『祝』を大きく書いて、少し間を空けて『御入学』と書けば良いと思います。

下の段には、贈る方の氏名を書きましょう。

スポンサードリンク

この時、表書きよりも少し小さな字で贈る方の名前を書くようにしましょう。

夫婦で贈る場合は、右側に夫、左側に妻の氏名を書き妻は、名前のみでも構いません。

連名の場合は、3人までは氏名を列記することが出来ます。

※上下関係がある場合は、右側から地位が高い順に書き、友人同士なら50音順に書くようにしましょう。

入学祝いのし袋書き方の注意して欲しいことは?

毛筆か筆ペンで書く

入学祝いのし袋を書く時に注意して欲しいことは、お祝いなので、濃い黒でかけるように毛筆か筆ペンで書くようにしましょう。

入学祝いのし袋中袋の書き方とは?

中袋の裏面に金額を書く欄がある場合


中袋の裏面に金額を書く欄がある場合は、金額を書き、表面に住所と名前を書きます。

中袋の裏面に金額を書く欄がない場合


中袋の裏面に金額を書く欄がない場合、表面に中央に金額を書き、裏面の左端に住所と名前を書きましょう。

金額を書く時に、初めに『金』終わりに『也』をつけることで、丁寧な書き方になりますので覚えておきましょう。

また、金額の数字は『壱』、『弐』、『参』などと漢字で書くようにしましょう。

入学祝いのし袋に入れるお金の向きとは?

お祝い事は、表(人の顔がある面)を上にして入れてあげましょう。

入学祝いのし袋の渡し方とは?

袱紗に包んで持っていく

ご祝儀袋は、袱紗に包んで持っていくようにしましょう。

入学祝いのし袋をそのままバックに入れたり、購入した時のビニールに入れて持参するのは良くないので、せっかくのお祝いですから、きちんと袱紗に包んで持参するのがマナーです。

しかし、最近では袱紗を外してから渡す事が多いようです。

その場合には、袱紗をたたみ、たたんだ袱紗の上にのし袋を置いてから、袋を相手の方に向けて、お祝いの言葉と一緒に渡すようにすれば完璧です。

また、遠方で直接渡せない場合は郵送しますが、その時は、必ず現金書留で送るようにしましょう。

入学祝いの書き方まとめ

今回は、入学祝いの書き方について詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

入学祝いのメッセージについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】入学祝いのメッセージまとめ

入学祝いのお返しランキングなどまとめについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】入学祝いのお返しランキングなどまとめ

入学祝いのお礼状について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】入学祝いのお礼状まとめ

小学生の入学祝いプレゼントランキングについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】小学生の入学祝いプレゼントランキング

中学生の入学祝いプレゼントランキングについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】中学生の入学祝いプレゼントランキング
入学祝いの場合は、紅白蝶結びのし袋を購入するようにしましょう。

包む金額はその人との関係性もありますので、個人差あります。

きちんとのし袋を書いて、中袋にも金額、住所、名前を書き、相手の方に失礼のないように、入学祝いを渡すようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です