入社

入社式の正しい服装とは?まとめ

2018/02/13

内定が決まり、これから新しい職場に入社する前は何かと忙しいもの。

これから入社式を迎える時、『入社式の時の服装ってどういうもの・・・?新しくスーツ買ったほうが良いのかな?』などいろんな悩み出てきますよね。

今回は入社式の正しい服装について詳しくまとめてみました。
 
 

スポンサードリンク


 
 

入社式の時の服装とは?

就活で着ていたリクルートスーツでOK

入社式の服装で、『普段着で来てください。』など、その会社から服装の指定がない限り、入社式までは、就活で使ったリクルートスーツを着て行きましょう。

女性の場合であれば、スカートかパンツスーツどちらかで大丈夫。

スカートの場合は、以外にもタイトの物が好まれるようです。

後は、自分の好きな物を着たい気持ちは分かりますが、入社式の時は大人しくしておくのが無難。

いくら入社式の時に、リクルートスーツ着れば良いと言っても、明らかに、スカートが極端に短かったり、柄物のタイツなどを着てくる女子もいないかと思います。

では、『少しお洒落なブラウスなら良いんじゃないかな・・・?』なんて思う方も多いかと思います。

しかし、同期の人しかいない入社式の場で、そこまで服装をお洒落にアピールしなくても良いと思いますし、これから仕事でいくらでもアピールするチャンスはありますので、そこでアピールする事の方が大切かと思います。

あとは、私が凄く思ったのは入社する会社によって、服装のスタイルが全く違う事です。

会社や職業的に、身につける物も違ってきますし、服装のスタイルなども変わってきます。

上司が、どのようなスタイルの服装をしているか?とか入社後、絶対に気になるところでもあります。

わたしは、これが着たいの!と言って入社前に買ってみた物の、入社後、変に目立ってしまい、結局着ないことの方が多い・・・。なんて事になったら無駄な出費です。

なので、入社式まではリクルートスーツで行き、入社後は上司や会社の雰囲気など、いろいろ把握した上で新しいスーツを買うのがベスト。

色で悩んでいる方は、黒・紺・グレーが無難とも言えます。

入社式は、新社会人を一同に集めて大人数で行うため、リクルートスーツに多いい、黒・紺・グレー色のスーツ姿が整然と並ぶことになるはずです。

なので、変に目立たず、無難の色で行くようにしましょう。

清潔感が大切

入社式でなによりも大切なことと言えば、清潔感とか小さい所だと思います。

例えば、リクルートスーツ着ていけば問題ないと思いますが、シワだらけのリクルートスーツはどうでしょう?

写真ではシワなんで写りませんが、見た人は、『だらしない』と思う人の多いかと思います。

清潔感と言いますが、普通に考えて分かることでもありますよね。

なので、シワのないスーツシャツを着たり、綺麗に磨かれた靴を履いて行くなど、当たり前のことですが、清潔感漂う服装になるよう心がけましょう。

入社式の時のおすすめな服装とは?

ワイシャツ・ブラウスは白を選ぶ

入社式の時に着るワイシャツは、白のワイシャツで行くことをおすすめします。

いろんな色のワイシャツがあり、特に薄ピンクのワイシャツとかでも、いい感じもしますが、入社式という式典の場でもありますので、入社式は、白色のワイシャツを着ていくほうが良いでしょう。

色物や柄物のワイシャツの場合、実際に働きだしてから着る機会がたくさんあると思います。

では、女性の場合のブラウスの場合も同様です。

最近では、私服でオシャレブラウスを着ている女の子が増えているぐらい、お洒落なブラウスがたくさんあります。

しかし、ワイシャツと同様、入社式という式典の場でもありますので、入社式は、白色のブラウスを着ていくほうが良いでしょう。

お洒落したい気持ちは、ものすごく分かりますが、入社式でお洒落をアピールするよりかは、働き出してから、会社の雰囲気を掴みつつ、自分の好みの物を着てお洒落していけばいいと思います。
 
 

スポンサードリンク


 
 

 

ネクタイは単色な物を選ぶ

入社式、着ていくスーツはリクルートスーツで十分。

むしろ、リクルートスーツの役目は、入社式までとも言っても言いぐらいです。

仮に、入社する前に新しいスーツを買い、会社の雰囲気とか少し目立つ感じの物を知らずに買ってしまったら、なんか着づらくなってしまいますよね。

なので、リクルートスーツで入社式を挑むべきですが、その時に、ネクタイにもきちんと気を配る必要があります。

ド派手なネクタイとか柄物はなるべく避け、単色の物が1番良いかと思います。

白のワイシャツを着る場合は、ネイビーのネクタイが1番色的に相性良いと思います。

ベルトの色と靴の色を合わせる

履く靴に合わせて、ベルトの色も考えましょう。

例えば、黒の靴を履いていく場合、茶色のベルトを組み合わせて見ると何かと、アンバランスです。

黒のスーツに黒の靴に茶色のベルト・・・。笑

想像しただけでも、ちょっと可笑しいですよね。

なので、靴に合わせて、ベルトの色を合わせる事でバランス良い格好になるかと思います。

バンプスは5cm以下くらいの物が良い

女性の場合、パンプスを履くかと思いますが、この時、ハイヒールは出来るだけ避けて、ローヒール(5㎝以下くらい)の物を選ぶのがベスト。

スタイル良く見せたいのは分かりますが、ハイヒールは長時間履いて歩くのには、不利です。

なので、買う時は自分の足に合う履きやすい、ローヒール(5㎝以下くらい)の物を選ぶようにしましょう。

バックはA4サイズの物を持っていく

入社式では、辞令書や賞状のような物をもらうこともありますので、入社式の時は、少し大きめなA4サイズの物が入るぐらいの物のバックを用意しておきましょう。

この時、就活で使っていたバックでも構いませんが、ブランド物とか派手な物とかは、逆に変に目立ってしましますので、避けといた方が良いと思います。

入社式の正しい服装とは?まとめ

今回は、入社式の正しい服装について詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

入社式の挨拶について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】入社式の挨拶まとめ

入社の挨拶について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】入社の挨拶まとめ

入社の時に必要な書類について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】入社の時に必要な書類まとめ

入社準備に必要な物について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】入社準備に必要な物まとめ

入社承諾書とは?書き方など詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】入社承諾書とは?書き方などまとめ

入社式の時の服装についてまとめて見ると、入社式の時は就活時に着ていたリクルートスーツがおすすめ。

入社式でも守ったスーツ姿でいれば、まずは問題ないかと思います。

会社によっては、集合写真を撮るときもありますので、リクルートスーツなら浮かずに済みそうです。

何よりも、入社式の時は大人しめの方が良いと思います。

変に服装が派手で目立つよりかは、仕事結果残して認められたほうが良いと思います。

これを参考にして、良い入社式を迎えて下さいね♫
 
 

スポンサードリンク

-入社