旅行

国内線で飛行機に持ち込み出来る物のまとめ

2016/11/24

009
これから、飛行機で出発する前に、飛行機には決まりごとがあるので、事前にチェックしておくとスムーズに出国ができます。

私は、初めて飛行機に乗った時、持って行った物を没収させた苦い経験があります。

今回は、出発から離陸までの流れ・飛行機に持ち込み出来る物・サイズなど、まとめてみました。

スポンサードリンク

国内線・飛行機の出発から離陸までの流れ

①空港到着
②チケットの取得
予約した航空会社のチェックインカウンターで
チェック・インして遅くても離陸30分前までにチケットを受け取ります。
③機体預け荷物
航空会社(ANA・JAL)の手荷物カウンターへ行って預けましょう。
④保安検査場
金属探知機のある、保安検査を通過します。
ここで、国内線、国際線の2か所があるので、間違えないようにしましょう。
※手荷物の検査もあります。
⑤搭乗ロビー
金属探知機を抜ければ、さまざま到着先のゲートが集まる搭乗ロビーにでます。
⑥搭乗ゲート
搭乗ロビーから、チケットに書かれている、
搭乗ゲートへ向かい遅くても離陸15分前から乗り込みができます。
⑦飛行機に搭乗
チケットに書かれている、座席の場所に移動してください。
⑧離陸
手荷物を座席の下に置くか、上に収納する場所に入れましょう。
そのあと、シートベルトを締めて離陸準備完了です。

搭乗が遅れると、空港内に名前のアナウンスが流れ大恥かきます。

また、定刻に離陸せず、遅れて搭乗してきた人がいれば、他の数百名の離陸を遅らせた本人として、数百名の痛い視線が来ます。

このように、飛行機に乗る前にいろいろな検査や手続きがあり、事前にバタバタしないように、余裕を持って1時間前には、空港にいることをおすすめします。

国内線・飛行機、機内持ち込み出来る荷物のサイズ

ANA全日空とJAL日本航空の機内持ち込み出来る荷物のサイズ

飛行機の席数が100席以上の場合は、幅55cm、高さ40cm、奥行25㎝、3辺合計115cmの重さ10kgまで。
飛行機の席数が100席未満の場合は、幅45cm、高さ35cm、奥行20㎝、3辺合計100cmの重さ10kgまで。

他、LCCの国内線の機内持ち込み出来る荷物のサイズ

格安航空会社はたくさん乗せて安く飛ばないと採算が合いませんので、
基本的に100席以下の飛行機は持っていないようですが乗る飛行機の会社によって、
3辺合計や重さの違いがありますので、注意しておきましょう。

スカイマーク・ピーチ航空・ソラシドエアは、幅55cm、高さ40cm、奥行25㎝、3辺合計115cmの重さ10kgまで。

スポンサードリンク

バニラエア・ジェットスター幅56cm×高さ36cm×奥行23cmの合計が115cmです。

バニラエア・ジェットスターの場合3辺合計の記載がありませが、ギリ115cmまではいけるのだと推測できます。

重さは、バニラエアは、10㎏以下まで持ち込めますが、ジェットスターのみ、7㎏以下なので注意が必要です。

国内線・飛行機で機内持ち込み出来ない物

010

液体物

国内線の液体持ち込みは、国際線のように厳しくはありませんので、ほとんどの便で、飲料水(お茶など)液体を機内に持ち込みすることができます。

※ただし、国際線ターミナルから出発する国内線は、液体物の持ち込みが国際線と同じになりますので注意してください。

液体を入れる容器は100ml以下。
(液体の量が少なくても、容器が大きいと不可)
・液体を入れた容器をさらに1袋にまとめて入れる。
(袋は透明プラスチック製、縦横サイズ合計40cm未満、容量1L以下、再封可能)

刃物

国内線では、爪切りや、T字型剃刀など、小さくて鋭利でない刃物なら、持ち込みできることが多いです。

小さくても、先がとがったものは、手荷物検査で没収されてしまいます。

その場合、預け入れ荷物のほうへ入れれば持っていけますので、チェックインの際に預け入れしましょう。

火器

ライターやマッチは、1人1つまで持込み可能ですが、それ以上は原則持込みできません。

また、ターボライターは、没収されてしまいますので注意しましょう。

国内線・飛行機についてまとめ

国内線・飛行機について詳しくまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

国内線は国際線に比べて比較的に、規則は厳しくありませんが、持ち込み出来るサイズや重さは乗る飛行機の会社によって異なりますので、事前に確認しておくと、スムーズに出国ができます。

しっかりと確認をして、素敵な旅をお過ごし下さいね♫

スポンサードリンク

-旅行