簡単に出来るとうもろこしの茹で方まとめ

春も終わりいよいよ夏本番の季節になってきました。

この季節の食材と言えばとうもろこし。

甘くて美味しいとうもろこしは、茹でてから食べるかと思いますが『とうもろこしの茹で方ってどうやるのだろう・・・?』『簡単に出来る方法ないのかな・・・?』なんて思う方多いかと思います。

今回はとうもろこしの茹で方について詳しくまとめてみました。


とうもろこしの茹で時間は?

とうもろこしの茹で時間は、水から茹でる場合とお湯から茹でる場合で異なります。

基本的には、10分以内で出来ると思ってもらって大丈夫。

全く難しくもありませんし、もっと簡単にとうもろこしを茹でるやり方もあります。

自分のやりやすいやり方でとうもろこしを茹でるようにしましょう。

皮付きのままとうもろこしを茹でることは出来る?

皮付きのままとうもろこしを茹でる事はもちろん可能ですし、皮付きでとうもろこしを茹でた方が、甘くて実がプクッとふっくらとなった甘いとうもろこしが出来ます。

実は皮付きで茹でると旨味が逃げませんし、皮の中のヒゲ(絹糸)に色素があり、とうもろこしの鮮やかな黄色を出してくれます。

なので、是非とうもろこしを茹でる時は皮付きのまま茹でることをおすすめします。

水からとうもろこしを茹でる場合は?

①とうもろこしの外皮を剥き最後の1枚の皮を残して皮剥きましょう。この時ひげは残し水で洗ってください。
②水(1000cc)に対して塩(大さじ2)の割合で茹で水を作りましょう。
③茹で水が作り終わったら水から火にかけ沸騰するのを待ちます。
④沸騰したらとうもろこしを入れ10分茹でたら完成。
⑤ザルにあけて荒熱が取れたら皮とひげを取り除いたら完成です。

以外と簡単に出来るとうもろこしの茹で方ですが、茹でる時のポイントとして、最後に皮を取りヒゲを取る時にキッチンペーパを使うと取るのに楽チンで取ることが出来ます。

お湯からとうもろこしを茹でる場合は?

①とうもろこしの外皮を剥き最後の1枚の皮を残して皮剥きましょう。この時ひげは残し水で洗ってください。
②水(1000cc)に対して塩(大さじ2)の割合で茹で水を作りましょう。
③茹で水が作り終わったら水から火にかけ沸騰するのを待ちます。
④沸騰後とうもろこしを入れて強火で3~4分一気に茹でて下さい。
⑤時々箸でつついてとうもろこしをまわして下さい。
⑥茹で終わったら火を止めお湯に触れるくらいまで冷ましましょう。
⑦ザルにあけて荒熱が取れたら皮とひげを取り除いたら完成です。

お湯からとうもろこしを茹でる場合、用意する物は水からとうもろこしを茹でる時と同じです。

手順は少し違うので確認してくださいね。

お湯からとうもろこしをゆでた時はお湯を冷ます事がポイント。

とうもろこしを取り出さずほうっておくことで余熱が奥の方まで火を通してくれます。

この過程を忘れてしまうと生っぽい仕上がりになってしまいますので注意しましょう。

簡単にとうもろこしを茹で方とは?

とうもろこしの茹で方は、鍋に水を入れて沸騰してとうもろこしを入れて茹でるのが一般的かと思いますが『実際にもっと簡単な方法ないのかしら・・・?』なんて思う方も多いかと思いますが、実はレンジを使えば簡単にとうもろこしを茹でる事が出来るんです。

これはわたしも知らなかったので、実際にやってみたのですが、とうもろこしをサランラップに包んで電子レンジで温めるだけで出来上がり。

レンジで簡単とうもろこしの茹で方について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩

レンジでとうもろこしを簡単に茹でる方法まとめ

2019年3月10日
しかも、鍋で沸騰させて茹でたとうもろこしよりもレンジで茹でた方が糖度が高いと言われています。

また、電子レンジでとうもろこしを茹でた方が料理の手間暇を省くことが出来ますので、わたし的には、電子レンジでとうもろこしを茹でる方がすごくおすすめです。

茹でたとうもろこしの保存方法とは?

とうもろこしをレンジで茹でた時の保存方法として、まずは気をつけて欲しい事と言えば粗熱です。

例えば、とうもろこしを電子レンジで温めた直後手では持てないぐらいの熱さになっていますので、加熱とともに中で水分を含んでいますのでラップや皮をとった時に、蒸気とともにトウモロコシの美味しさが逃げてしまいます。

なので、電子レンジでとうもろこしを茹でた場合は、すぐにラップを取らずに常温になるまで冷ましましょう。

フライパンでとうもろこしを茹でる事が出来るの?

①フライパンに水を入れて沸騰させましょう。
②フライパンにとうもろこしが3分の1浸るくらいのお湯を沸かしトウモロコシを入れて蓋をし3分蒸しましょう。
③3分経ったら反対側にひっくり返し再び3分蒸したら出来上がりです。

とうもろこしをフライパンで茹でる事は出来ます。

電子レンジで茹でるのも凄く簡単ですが、フライパンで茹でるのもすごく簡単なんです。

鍋で茹でるより少ない水の量でフライパンで茹でた方が時間も短縮出来ますので是非試してみてくださいね。

とうもろこしをフライパンで茹でると大体6分で出来上がり。

とうもろこしの茹でるポイントとして、火加減はお湯がポコポコしていて蒸気があがった状態を保って下さい。

私はいつも26cmのフライパンを使ってとうもろこしを茹でていますが、1度にとうもろこし3本まで茹でる事が出来ますので、是非試してみてくださいね♫

とうもろこしの茹で方まとめ

今回はとうもろこしの茹で方について詳しくまとめてみましたがいかがでしょうか?

とうもろこしの保存法まとめ

2019年3月10日

とうもろこしの冷凍保存まとめ

2019年3月10日

とうもろこしの茹で方で1番簡単な方法はレンジで茹でる方法でした。

簡単にとうもろこしを茹でる事が出来ますので、是非試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です