寒中見舞い・喪中

寒中見舞いはいつまで?などまとめ

2016/12/20


新しい年になり、新年の挨拶周りで忙しい時期になりました。

この季節、年賀状を出しそびれてしまった方は、寒中見舞いを出したという方や、喪中時の年賀状の代わりに寒中見舞いを出したという方は多いのではないでしょうか?

でも、良く考えたら寒中見舞いっていつまでだろう・・・?なんて考えている方多いのではないのでしょうか?

今回は、寒中見舞いはいつまで?などについて詳しくまとめてみました。
 
 

スポンサードリンク


 
 

寒中見舞いとは?

寒中見舞いとは、寒さが厳しい季節になったので、送る相手の体調を気遣いお互いの近況を報告し合う挨拶状の事をいいます。

また、寒中見舞いには、喪中関係やいろいろな場合で、その場面に応じて使用することができます。

例えば、

・こちらが喪中の為年賀状を出せなかった時代わりに挨拶状として出すこと出来たり。
・こちら側が喪中と知らずに年賀状をくれた方への報告とお詫びをすることができたり。
・相手の方が喪中で、年賀状の代わりに出す挨拶状で出すことができたり。
・相手が喪中とは知らずに、こちらが年賀状を出してしまった時のお詫びとお悔やみを兼ねて出すことが出来たり。
・年賀状を出し忘れてしまった方へのご挨拶や遅れたことのお詫びができたり。

など、さまざまな理由で、その場に応じて寒中見舞いを送ることが出来ます。

寒中見舞いいつからいつまで?

寒中見舞いは、文字通り寒中に届くように出す季節の挨拶状のことを言います。

寒中とは、『小寒』と『大寒』の期間を指します。

小寒は1月5日からなので、1月5日から寒中見舞いを出す方もいますが

この時期だと、まだ年賀状のやりとりが行われていますので、寒中見舞いはちょっと早すぎるように思います。

なので、小寒の最初の日から大寒の最後の日の間に寒中見舞いを出したい所ですが、

この期間にかぶってしまうのが年賀状。

年賀状は、1月7日までに届くものをいいますので、

この事から見ると寒中見舞いの時期は、1月8日以降というのが、

一般的で1月7日の松の内(門松などを片付ける日)を過ぎた1月8日から

節分(立春)の前日の2月3日までが、一番多く用いられています。

寒中見舞いの時期
1月8日〜2月3日

寒中見舞いの多く場合は、

服喪中で年賀状をもらった人への返礼として、寒中見舞いを返すケースが多いです。

相手方に失礼のないように、返礼は、なるべく早く返すようにしましょう。

※寒中見舞いを出すのが遅れてしまい、2月5日以降になってしまうと、余寒見舞いになりますので注意しましょう。

寒中見舞いの書き方

①季節の挨拶文
②先方の安否を伺う文
③日付

①寒中お見舞い申し上げます。
寒中お伺い申し上げます。

と、挨拶文を冒頭に入れるよにしてなるべく大きく書くようにしましょう。

②厳しい寒さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
厳寒の折から皆様にはお変りありませんか。
くれぐれもご家族の皆様には、お身体を大切にお過ごしくださいますようお祈り申し上げます。

これは、送る相手に対しての安否を伺う文章を入れておきましょう。

③日付○○年○月

最後に書くのは日付ですが何日までとか書かずに何月までで、大丈夫です。

寒中見舞いの例文

書き方のポイントをいくつか紹介しましたが、

参考程度に、寒中見舞いの例文を知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】寒中見舞いの例文まとめ
寒中見舞いの返事について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】寒中見舞いの返事まとめ

喪中で年賀状をもらった返礼として寒中見舞いの書き方

①季節の挨拶文
②相手に喪中であることを知らせる文
③先方の無事を祈る文
④日付

①寒中お見舞い申し上げます。
寒中お伺い申し上げます。

と、挨拶文を冒頭に入れるよにしてなるべく大きく書くようにしましょう。

②昨年○月続柄○○が○○歳で他界いたしましたので、年頭の挨拶を遠慮させていただきました。
本来ならば旧年中にお知らせ申し上げなければならないところ年を越しての事となり、深くお詫び申し上げます。

と、相手の方に喪中であることを知らせましょう。
 
 

スポンサードリンク


 
 
③日々寒い折柄皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
本年も皆様にとりまして良い年でありますよう心からお祈りいたしております。

と、相手の無事を祈る文を添えましょう。

④日付○○年○月

最後に書くのは日付ですが、何日までとか書かずに何月までで大丈夫です。

喪中とは知らずに年賀状を出してしまった場合の寒中見舞いの書き方

①季節の挨拶文
②年賀状を出してしまったことの謝り文
③先方の無事を祈る文
④日付

①寒中お見舞い申し上げます。
寒中お伺い申し上げます。

と、挨拶文を冒頭に入れるよにしてなるべく大きく書くようにしましょう。

②この度は、ご服喪中とは存じ上げず年頭の挨拶を差し上げてしまいましたことを深くお詫び申し上げます。

と、年賀状を出してしまったことの謝り文をそえましょう。

③寒さ厳しき折皆様のご健康をお祈り申し上げます。

と、先方の無事を祈る文をそえましょう。

④日付は○○年○月

最後に書くのは日付ですが、何日までとか書かずに何月までで、大丈夫です。

喪中の時の寒中見舞いの例文

喪中の時の寒中見舞いの例文について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】喪中の時に送る寒中見舞いの例文 

寒中見舞いの書き方のポイントとは?

寒中見舞いを書くポイントとして言えるのは、まずは、季節の挨拶を入れること。

そして、年賀状をもらった場合頂いた年賀状のお礼をするようにしましょう。

他、自分の近況報告はなるべく具体的な内容の方が受け取った側も嬉しいものですが、送る相手に合わせて文面を考えても良いかと思います。

最後に支援やお付き合いをお願いする言葉を書き、相手の体調を気遣う文面を入れると更に良い文章になります。

寒中見舞い注意する事とは?

相手方が喪中の場合

相手方が喪中の場合は、
賀詞やおめでたい言葉は使ってしまうと失礼に当たりますので、使わないようにしましょう。

年賀状で送らないこと

寒中見舞いはお正月の挨拶をするものではなく、季節の挨拶をするものですから、年賀状を使用してはいけません。

また、年賀状を出し損ねていた方へのお返事を書く場合には

『書き忘れた』などの言葉を使うと、

相手を不快にさせてしまう可能性がありますので、言葉遣いには注意を払うようにしましょう。

文章を書く際に、『拝啓』などの頭語や『敬具』などの結語は不要です。

寒中見舞いのハガキの選び方とは?

寒中見舞いのハガキは、普通の官製はがき私製はがき使用するようにしましょう。

寒中見舞いのデザインは、雪だるまや椿の花などの

冬の風物詩を取り入れたもので、あまり派手ではない落ち着いた雰囲気のものにするのが無難といえるでしょう。

しかし、寒中見舞いの時期になると郵便局などで

寒中見舞いのハガキも売っていますので、デザイン参考にしても良いと思いますし、これを買ってきて送るのも良いかと思います。

便利で簡単!わたしがおすすめはがき選び!

この時期になると、郵便局などで、寒中見舞いのハガキも売っていますが

子育てに忙しい方や郵便局行く時間までに間に合わなかったりなど

なかなか、はがき選びに悩んだりする方は、ネットではがきを注文すると

自宅に届けてくれますし、デザインも豊富でいろんな種類の中から選ぶ事ができるのでおすすめします♫

詳しくはこちらをご覧ください⇩



寒中見舞いはいつまで?などまとめ

今回は、寒中見舞いはいつまで?などについて詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

寒中見舞いは年賀状を出しそびれてしまった方は、寒中見舞いを出したという方や、

喪中時の年賀状の代わりに寒中見舞いを出す方が多いようですが

出す時期を間違えてしまうと、余寒見舞いになってしまったり

早く出しすぎると、年賀状とかぶってしまいますので

恥をかかない為にも、きちんと時期を把握しておいて、寒中見舞いを出すようにしましょう。
 

スポンサードリンク

-寒中見舞い・喪中