寒中見舞いの文例のまとめ

新しい年になり新年の挨拶周りで忙しい時期になりました。

この季節年賀状を出しそびれてしまった方は、寒中見舞いを出したという方や喪中時の年賀状の代わりに寒中見舞いを出したという方は多いのではないでしょうか?

でも良く考えたら『寒中見舞いってどうやって書いたらいいのかな・・・?』なんて考えている方多いのではないのでしょうか?

今回は寒中見舞いの文例などについて詳しくまとめてみました。
[link]


寒中見舞いとは?

相手の体調を気遣いお互いの近況を報告し合う挨拶状

寒中見舞いとは、寒さが厳しい季節になったので、送る相手の体調を気遣いお互いの近況を報告し合う挨拶状の事を言います。

また寒中見舞いには、喪中関係やいろいろな場合でその場面に応じて使用することができます。

例えば、こちらが喪中の為年賀状を出せなかった時代わりに、挨拶状として出すこと出来たり、こちら側が喪中と知らずに年賀状をくれた方への報告とお詫びをすることが出来たり、相手の方が喪中で年賀状の代わりに出す挨拶状で出すことが出来たり、相手が喪中とは知らずに、こちらが年賀状を出してしまった時のお詫びとお悔やみを兼ねて出すことが出来たり、年賀状を出し忘れてしまった方へのご挨拶や遅れたことのお詫びが出来たりなどさまざまな理由でその場に応じて寒中見舞いを送ることが出来ます。

寒中見舞い送る時期とは?

1月8日~2月3日まで

寒中見舞いは、文字通り寒中に届くように出す季節の挨拶状のことを言います。

寒中とは、『小寒』と『大寒』の期間を指します。

小寒は1月5日からなので、1月5日から寒中見舞いを出す方もいますが、この時期だとまだ年賀状のやりとりが行われていますので寒中見舞いはちょっと早すぎるように思います。

なので小寒の最初の日から大寒の最後の日の間に寒中見舞いを出したい所ですが、この期間にかぶってしまうのが年賀状。

年賀状は1月7日までに届くものをいいますので、この事から見ると寒中見舞いを送る時期は、1月7日の松の内(門松などを片付ける日)を過ぎた1月8日から節分(立春)の前日の2月3日までが、一番多く用いられています。

寒中見舞いの多く場合は、服喪中で年賀状をもらった人への返礼として、寒中見舞いを返すケースが多いです。

相手方に失礼のないように、返礼はなるべく早く返すようにしましょう。

※寒中見舞いを出すのが遅れてしまい、2月5日以降になってしまうと余寒見舞いになりますので注意しましょう。

寒中見舞いの時期などまとめ

2019年3月11日

寒中見舞い書き方とは?

①寒中お見舞い申し上げます。
②先方の安否を伺う文
③日付

挨拶文を冒頭に文章に入れ、①『寒中お見舞い申し上げます。』、『寒中お伺い申し上げます。』と入れるよにしてなるべく大きく書くようにしましょう。

次に入れるのは、先方の安否を伺う文章ですが、例えば②『厳しい寒さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。』、『厳寒の折から皆様にはお変りありませんか。』、『くれぐれもご家族の皆様には、お身体を大切にお過ごしくださいますようお祈り申し上げます。』など送る相手に対しての安否を伺う文章を入れておきましょう。

そして最後に書くのは③日付○○年○月を書きましょう。

この時何日までとか書かずに何月まで大丈夫です。

寒中見舞い例文とは?

寒中お見舞い申し上げます。
暖冬とはいえ、さすがに冷え込む今日この頃、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。
おかげさまで私どもは無事に過ごしておりますので、ご安心ください。
世間では流感が猛威をふるっております。
時節柄、くれぐれもご自愛ください。
平成◯◯年 一月
寒中お見舞い申し上げます。
皆様におかれましてはお健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。
旧年中は大変お世話になりありがとうございました。新年のご挨拶が遅くなり、大変失礼いたしました。
新しい年のご多幸と皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げますと共に本年も変わらぬ ご厚誼の程、宜しくお願い申し上げます。
平成◯◯年 一月

寒中お伺い申し上げます。
暖冬とは申せ、やはり朝晩の冷え込みは辛いものがございます。
無理をせず温かくして、ゆっくりとお過ごしください。
私どもは皆元気にしております。
病気知らずの家族に恵まれましたことに感謝する毎日です。
もうすぐ春の足音も聞こえてきましょう。
どうぞお風邪など召しませぬよう、お体を大切にお過ごしください。
平成◯◯年 一月

年賀状の返礼を出す時の寒中見舞いとは?

寒中お見舞い申し上げます。
例年になくおだやかなお正月です。
年末ギリギリまで仕事で締め切りに追われ、新年のご挨拶が遅くなり、大変失礼いたしました。
遅ればせながら新年のご挨拶を申し上げます。
新しい年も皆様にとりまして良い年でありますように。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
平成◯◯年 一月
寒中お見舞い申し上げます
ご丁寧な年賀状を頂き、ありがとうございました。
ご挨拶が遅れ申し訳ございません。
皆様におかれましては良いお年を迎えられましたご様子、心からお喜び申し上げます。
私どもも無事越年いたしました。
今年もよろしくご厚誼のほどお願い申し上げます。
平成◯◯年 一月
寒中お見舞い申し上げます。
新春のご祝詞を頂きながらご挨拶が遅れてしまいました。
誠に申し訳ございません。
厳寒の折、風邪などお召しになられませんようご自愛ください。
今年も宜しくお願い申し上げます。

寒中見舞い注意する事とは?

相手方が喪中の時は賀詞やおめでたい言葉を使わない

ここまで来たら喪中見舞いを書くときに気をつけて欲しい事とは、相手方が喪中の場合は賀詞やおめでたい言葉は使ってしまうと失礼に当たりますので使わないようにしましょう。

年賀状で送らない

寒中見舞いはお正月の挨拶をするものではなく、季節の挨拶をするものですから年賀状を使用してはいけません。

また年賀状を出し損ねていた方へのお返事を書く場合には、『書き忘れた』などの言葉を使うと相手を不快にさせてしまう可能性がありますので言葉遣いには注意を払うようにしましょう。

文章を書く際に『拝啓』などの頭語や『敬具』などの結語は不要です。

寒中見舞いのハガキの選び方とは?

寒中見舞いのハガキは、普通の官製はがきや私製はがきを使用するようにしましょう。

寒中見舞いのデザインは、雪だるまや椿の花などの冬の風物詩を取り入れたもので、あまり派手ではない落ち着いた雰囲気のものにするのが無難といえるでしょう。

しかし、寒中見舞いの時期になると郵便局などで、寒中見舞いのハガキも売っていますので、デザイン参考にしても良いと思いますし、これを買ってきて送るのも良いかと思います。

おすすめハガキ

この時期になると、郵便局などで、寒中見舞いのハガキも売っていますが、子育てに忙しい方や郵便局行く時間までに間に合わなかったりなど、なかなか、はがき選びに悩んだりする方は、ネットではがきを注文すると、自宅に届けてくれますし、デザインも豊富でいろんな種類の中から選ぶ事ができるのでおすすめします。

詳しくはこちらをご覧ください⇩

寒中見舞いの例文まとめ

今回は、寒中見舞いの例文について詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

喪中の時の寒中見舞い文例まとめ 

2019年3月11日

寒中見舞いの返事の文例まとめ

2019年3月11日
寒中見舞いは、年賀状を出しそびれてしまった方や寒中見舞いを出したという方や、喪中時の年賀状の代わりに寒中見舞いを出しますが、きちんとした文章で寒中見舞いを送り相手の方に失礼がないようにしましょう。

また、間違った文章など送ってしまうのも、恥をかいてしまいますのできちんとした文章で相手に送るようにしましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です