クリスマス

クリスマスの時に使える折り紙まとめ

2020/04/12

125
この季節イベントの言えばクリスマス♫

クリスマスは毎年楽しいイベントですが、お子さんがいるお母さんからすれば『飾り付けどうしょう・・・?』なんて思った方多いかと思います。

飾り付けしている時間も楽しいし折り紙ならお子さんと一緒に作ることもできます。

今回は、クリスマスの時に飾れる折り紙について詳しくまとめてみました。


三角サンタクロースの作り方とは?

このサンタクロースは折り方がとてもシンプルなので、お子さん一人でもおることが出来るのでおすすめします♫

折り方も見た目もとてもシンプルですが、ころんとした三角形がとても可愛いサンタクロースですね。

ヒモなんかつけてあげれば、ツリーに飾ってあげることもできますよ♫

上半身サンタクロースの作り方とは?

上半身サンタクロースの場合はお子さんと一緒にやるとよいかもしれません。

サンタクロースが出来たらペンで顔を書いてあげると可愛く仕上がりますよ。

1枚で作る簡単全身サンタクロースの作り方とは?

1枚の折り紙で作る全身のサンタクロース♫

手足が簡略化されているので簡単に折ることができます♫

2枚で作る全身サンタクロースの作り方とは?

2番目に紹介したサンタクロースで物足りない方はこちらをご紹介。

帽子の部分と胴体の部分は別々で折りますので折り紙が2枚必要になります。

平面ですが固定すれば立たせることも出来ます♫

サンタブーツの作り方とは?

サンタクロースを作ったらセットでサンタブーツもつくっておくと可愛かったりします。

1度作り方を覚えてしまえば忘れることがないくらい簡単に出来ますのでお子さんでも出来ます。

星の作り方とは?

次は星シリーズを簡単なものからご紹介。

この星の場合は、五芒星に見えるようにバランスを取るのが難しいですが折り方はとても簡単なのでお子さん一人でも作れます。

五角形から作る星の作り方とは?

この星の折り紙の場合はさみが必要が必要になりますので、はさみを使う場合はお母さんと一緒に作る様にしましょう。

折り紙を正五角形に切ってから星を折ります。

はじめは少し難しく感じますが、コツを掴めば簡単に作れるようになりますので難しく考える必要はありません。

クリスマスツリーの作り方とは?

このクリスマスツリーはお子さんでも作れるぐらい簡単ですのでおすすめ♫

ポイントとしては少し折り返す箇所は中心を合わせるようにしましょう。

仕上げにキラキラのシールとか貼ってみると更に可愛く仕上がりますよ。

立体的クリスマスツリーの作り方とは?

先程紹介したクリスマスツリーは、平面型ですが今回は立体的なクリスマスツリーをご紹介。

この場合はさみで切り込みを入れたり、紙が重なるのでお子様一人でやるより一緒にやることをおすすめ。

ちょっとした置物に可愛いかもしれませんね♫

リボン付き簡単クリスマスリースの作り方とは?

今度は簡単なクリスマスリースをご紹介。

折り紙3枚で作るクリスマスリース。

リボンなしなら2枚で作れますが物足りない感が出てしまうかも。

作り方もシンプルなのでおすすめです♫

大きめのクリスマスリースの作り方とは?

このクリスマスリースの場合少し難易度高く折り紙も8枚使いますので少し手間がかかりますが、大きなリースが作ることが出来ます。

ポイントとして8枚全部違う色の折り紙で作ると目立って可愛いリースが出来上がりますよ。

トナカイの作り方とは?

次はトナカイの折り方ですが、ポイントとして言えるのが角の部分です。

ここをしっかり折らないとトナカイには程遠い形になってしましますので注意しましょう。

折り終わったら目と鼻を書いてあげるだけでもそれなりになりますので難しく考えないでくださいね♫

ベルの作り方とは?

次はベルの作り方をご紹介。

さすがにベルを鳴らすことは出来ないので、折り紙でベルを作ってみましょう。

このベルは3分以内に作ることができますので、お子さん一人でも作ることが出来ます♫

リボンの作り方とは?

次は折り紙で作る可愛らしいリボンのご紹介。

はさみを使いますので、お子さん一人ではやらずに一緒にやるのがおすすめです♫

ツリーの装飾として飾るとより可愛いですよ。

今は折り紙でも様々な模様の折り紙がありますので、自分の好みで色をチョイスすると良いかもしれませんね。

ライトの作り方とは?

平面バージョンと立体バージョンの2種類を解説してますが途中まで折り方は同じです。

お子さんと一緒にたくさん作って糸でつなげば、クリスマスツリーにピッタリなライトになりますし、可愛い飾り付けにもなりますのでおすすめします。

まとめ

今回は、簡単に作れるクリスマス飾りの折り紙について詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

お子さんと一緒に楽しく作ることが出来ますので、是非1度試してみるのもいいかもしれませんね。

-クリスマス