栗の栄養には美容効果あり?栄養成分についてまとめ

2018/03/02

025
夏も終わりに近づき、秋の季節になってきました。

秋と言えば旬のおいしい食材が増え、その中でも定番なのが秋の味覚、栗。

栗を茹でたり、焼いたり、栗ご飯などに入れたりなど、秋の食卓に大活躍してくれますよね。

そんな栗は、意外にも栄養価が高いのはご存知でしょうか?

今回は、栗の栄養について詳しくまとめてみました。
 
 

スポンサードリンク


 
 

栗のカロリーとは?

生の栗(100gあたり)164kcal
茹でた栗(100gあたり)167kcal
大きめの茹でた栗1つあたり(重さ22g)カロリー37kcal
小さめ中の茹でた栗1つあたり(重さ16g)カロリー27kcal

一粒あたりの栗のカロリーは、高めでもありますが、栗には様々な栄養価があり、健康にも美容にも効果的な栄養価を持っています。

それでは、栗の栄養成分の効果について詳しく説明していきます。

栗の栄養で健康効果とは?

高血圧予防・ガン予防

栗の栄養価の1つであるカリウムは、栗の中に豊富に含まれていて、私たちの体には、ミネラルが必用で、その中で重要なのがカリウムと言われています。

カリウムは、体の水分バランスを保つ働きがあり、浸透圧を調節してくれるので、ナトリウムとのバランスが大切だと言われています。

そんなナトリウムとのバランスが大切なカリウムですが、一般的な食事ではナトリウムは摂取が多くなる傾向があり、カリウムは不足することが多いと言われています。

なので、カリウムを積極的にとる必要があるのです。

栗は、多くなりがちなナトリウムがほとんどなく、不足しがちなカリウムが多く含まれていることもあり、カリウムが不足している人おすすめな食品となります。

また、カリウムは体内にある不要なナトリウムを排出してくれる働きがあります。

そのため、取りすぎたナトリウムを、体外に出してくれる働きから、高血圧の予防に役立ちます。

また、栗にはタンニンっていう成分が多く含まれているのですが、タンニンは、実はガン予防の効果があります。

このタンニンは、抗酸化作用があるため、活性酸素を除去する働きがあり、生活習慣病の予防にもなると言われていますので、生活習慣が悪い人は、渋皮も食べることをおすすめします。

栗の栄養成分のもう1つ豊富な成分と言えば、亜鉛。

亜鉛は、近年注目されている栄養素の一つでもあり、すごく重要な栄養成分でもあります。

亜鉛不足から味覚障害を引き起こしたり、抜け毛を引き起こすなどといった症状が起こり、子供が亜鉛不足になると成長障害を起こしたりしますので、気をつけましょう。

栗の栄養で美容効果あり?

アンチエイジング効果

栗には、皮膚のしわやシミに働きかけるビタミンCが多く含まれています。

しかも、栗の実の部分に含まれているでんぷん質が、ビタミンCを保護する役目を果たすため、栗を加熱調理をしても壊れにくいのが大きな特長です。

ビタミンCは、夏に日焼けをした肌・乾燥した肌を保湿するのに最高な栄養でもあります。

特に注目してほしいのは、実は、皮の部分。

栗の皮の部分には、渋みがある為、取り除いて食べてる方が多いかと思いますが、この渋皮の部分にこそ、強力な抗酸化作用をもつタンニンという成分が含まれています。

タンニンは、ポリフェノールの一種でもあり、お茶やワインなどにも含まれる成分のひとつでもありますので、老化を引き起こす活性酸素を除去したり、皮膚の保護作用があるため、食事で出来るアンチエイジングケアとして効果が見られます。

特にシミなど気になる方は、栗は必見です。

栗の成分である、タンニンはシミの原因となるメラニンを抑制する作用があるため、美白を目指す方は皮の部分を意識して摂るようにしましょう。

栗の栄養でダイエット効果あり?

栗には、豊富に食物繊維が含まれていて、実は、栗はさつまいもよりも食物繊維が多く含まれていますのでダイエット効果があります。

食物繊維は、人の体内では消化されない栄養素なので、腸内のぜん動運動を促すだけでなく、善玉菌のエサとなり、悪玉菌を減らしてくれる効果があります。
 
 

スポンサードリンク


 
 
便秘になると、腸内細菌にとって悪い影響を与えてしまい、悪玉菌が増殖し、発がん物質や発がん促進物質などの有害物質を発生させます。

また便秘が続くと、その有害物質が腸壁から吸収されて、血液中に流れ出し、肌荒れなどの原因にもなりますので、便秘になりやすい方は、食物繊維が多い栗を食べることをおすすめします。

栗の栄養は妊婦さんにはおすすめ?

栗には葉酸が多く含まれていて、葉酸は血液を作るのに必要不可欠な栄養でもあります。

葉酸が不足してしまうと、貧血を起こしてしまい、口内炎や食欲不振や舌炎や下痢や顔色が悪いなどの症状が現れてしまいますので、貧血の予防にも最適な食材とも言えます。

そこで、是非食べて欲しいのが妊婦さん!

妊娠中の妊婦さんは、葉酸不足になりやすく、気をつけてほしいのは、妊娠初期(4週~12週)は胎児の細胞分裂がさかんな時期。

この時期に葉酸不足を起こすと、胎児に神経障害が起こりやすくなるといわれていますので、妊婦さんは注意しておきましょう。

栗の栄養まとめ

今回は、栗の栄養成分についてまとめて説明してきましたがいかがだったでしょうか?

栗の剥き方について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】圧力鍋やレンジを使って出来る栗の剥き方のコツとは?

栗の保存方法について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】冷蔵や冷凍など栗の保存方法とは?保存期間などまとめ

メリットたくさん!おすすめ出来る栗の冷凍保存について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】メリットたくさん!おすすめ出来る栗の冷凍保存方法とは?

簡単の出来る!栗のゆで方について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】簡単の出来る栗のゆで方とは?時間や保存などまとめ

炊飯器で簡単に栗ご飯を作る方法について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】炊飯器で簡単に栗ご飯を作る方法とは?

簡単に作れる栗の甘露煮の作り方について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】簡単に作れる栗の甘露煮の作り方とは?

秋になると栗を見かけることが多くなりますが、栗には美肌や美容効果があるので、女性にはおすすめしたい食品でもあります。

また、妊娠中の妊婦さんには葉酸が豊富なのでおすすめします。

栗の栄養には、活性酸素を除去する働きのある栄養成分も含まれているので、生活習慣病の予防にもなりますので、健康や美容の為にも食べてみてはいかがでしょうか?
 
 

スポンサードリンク

-