病気

癌(ガン)の原因・予防法まとめ

2017/01/26

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a%ef%bc%91
近年、日本では癌(ガン)患者が増えています。

癌(ガン)になる方は、40代後半の年齢の方が多くなるイメージですが、今の時代は、年齢が若い人でもなるケースが増えていることを皆さんご存知でしょうか?

今回は、癌(ガン)の原因・予防対策についてまとめてみました。

スポンサードリンク

癌(ガン)とは?

私たちの体の細胞の総数はおよそ60兆個あり、それらの細胞は常に様々な傷を受けあっていますが、速やかに修復しようとする動きがあります。

ところが、細胞の遺伝子の異常が起こり、細胞が増殖を繰り返し、止まらなくなってしまうことにより、それが、何年もかけてできた異常な細胞のかたまりのが癌(ガン)です。

悪性腫瘍あるいは悪性新生物とも呼ばれており、癌(ガン)は近くの組織に侵入したりして、血管やリンパ管を通って離れた臓器に転移し、そこでも増殖したりします。

癌(ガン)の原因

有害な化学物質

有害な化学物質が含まれる、タバコの煙・車の排気ガス・工場からの煙・建築に使われてきたアスベスト(石綿)などが原因となります。

放射線・紫外線

どちらも目に見えない物ですが、大量に浴びると細胞に傷をつけて、それが原因で、細胞分裂を引き起こして癌(ガン)化させることがあります。

ウイルス・細菌で感染

がんを引き起こすウイルスとして代表的なのがヒトパピローマウイルス肝炎ウイルス

がんは遺伝や生活習慣などが主な原因になりますが、ウイルスや細菌が深く関係しているものもあります。

逆をいえば、ウイルス性の癌(ガン)は、ウイルスに感染しなければ、発症する可能性はほとんどありません。

細胞が、がんの原因になることもまれにあり、その代表的なものが、ヘリコバクター・ピロリ菌です。

ピロリ菌そのものが胃がんを引き起こすわけではありませんが、長く感染することで胃壁の状態が悪くなり、癌(ガン)になりやすいと言われています。

活性酸素

健康意識の高い人の中には、すでに活性酸素の対策をしている人も多いかもしれません。

活性酸素は、老化・生活習慣病・癌(ガン)などの病気を引き起こす大きな原因となるのです。

食事・添加物が原因

加工食品には、味や見た目を良くしたり、酸化を防止したりする目的で、さまざまな添加物が加えられています。

しかし、まだはっきりと発がん性が確認されていない添加物は、使われ続けていて、それが蓄積した結果どうなるかについては、まだ分かっていません。

癌(ガン)のリスクを上げる食べ物としてよく指摘されているのが、肉類乳製品

などの欧米型の食事に使われる食材です。

戦前の日本人は、肉類や乳製品など、ほとんど摂取していなかったこともあり、日本人のがんが増えたのは、欧米型の食生活が原因ではないかと考えられています。

癌(ガン)の対策法

78

紫外線・放射線を浴びないようにする

放射線は、発がん性物質と同じく、細胞のDNAを傷つけ、癌(ガン)のきっかけを作ります。

紫外線は適度であれば、皮膚でのビタミンD合成を手助けしてくれますが、過剰に浴びると、皮膚の細胞を傷つけ、皮膚がんの原因になります。

活性酸素を避ける

活性酸素は、細胞のDNAを傷つけ、がん化のきっかけを作ってしまいます。

特に、活性酸素が溜まりやすくなるのは、40歳代以降と言われており、活性酸素を減らしたい場合は、まず喫煙者はタバコをやめましょう。

お酒も飲みすぎると活性酸素を増やす原因になります。

日常生活の中で起きる精神的ストレスも、実は活性酸素の量を増やしてしまいます。

スポンサードリンク

体の免疫力を高める

常に細胞のDNAが傷ついており、1日に5,000個ほどのがん細胞が生まれているといわれます。

がんに成長しないのは、まさに体に備わった免疫力のおかげです。

その免疫力を高めるには、できるだけ十分な睡眠を毎日決まった時間に寝て、決まった時間に起き、3食決まった時間に食べて呼吸が乱れない程度の適度な運動をしましょう。

そうすることにより、免疫力も上がり総合的に体の調子が良くなります。

癌(ガン)予防に野菜を多く摂取すると効果的!

癌の予防に効くのは、ビタミンCビタミンEポリフェノールなどの抗酸化作用のある成分です。

キャベツ・生姜・にんじん・たまねぎ・ブロッコリー・ピーマン・カリフラワー・ナス・トマト・きゅうり・じゃがいもなどが癌の予防効果が高いと言われています。

癌(ガン)予防1番効果的な野菜

野菜には、抗酸化作用があるので摂取した方が予防的には効果的と言われていますが、野菜の中でも、癌(ガン)予防で、1番効果的な野菜は、にんにくと言われています。

にんにくには、アリシンという成分に、強力な抗酸化作用があり効果的ですが、食べ過ぎは胃腸を悪くすることがありますので、付け合わせ程度にとどめておきましょう。

癌(ガン)についてまとめ

今回は、癌(ガン)の原因・症状・予防対策についてまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

癌(ガン)は、遺伝性のものもありますが、ほとんどが長年の生活習慣によるものと考えられています。

癌にならないためにも今日から予防対策・生活習慣を変えてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

-病気