保存食にもなるゴーヤの保存方法まとめ

001
ゴーヤは栄養価がとても高い野菜ですがそのまま保存しておくと時間と共に栄養価が低下してしまいます。

ゴーヤには独特の苦味成分があるので一気に消費するのは難しいです。

今回はゴーヤの保存方法について詳しくまとめてみました。


ゴーヤの保存方法とは?

まずは簡単にゴーヤの保存方法について詳しく説明していきたいと思いますが、ゴーヤの保存方法は分かりやすく分けて、冷蔵保存と冷凍保存と乾燥保存の大きく分けて3つに分けれます。

それぞれ保存の仕方は異なりますが、メリットとデメリットもそれぞれありますので、例えば『どのようにゴーヤを調理していきたいか?』などのゴーヤの使い道によって保存の仕方を変えていったら良いと思います。

冷蔵保存と冷凍保存と乾燥保存についてはまた詳しく説明していきます。

ゴーヤ保存期間とは?

・冷蔵保存の場合2日〜1週間
・冷凍保存の場合1ヶ月
・乾燥保存の場合1年間

ゴーヤの保存期間ですが保存の仕方によって保存期間は異なります。

分かりやすく説明すると冷蔵保存の場合2日〜1週間、冷凍保存の場合1ヶ月、乾燥保存の場合1年間と保存することが出来ます。

なので保存食にしたい場合やゴーヤを長期保存したい場合は乾燥保存がおすすめですが

生野菜の食感を美味しく味わいたいのであれば冷蔵保存をしたりなど、何を目的とするかによって保存の仕方は異なりますので覚えておくようにしましょう。

ゴーヤの冷蔵保存のやり方とは?

①表面をキッチンペーパーなので綺麗に拭き取る
②サランラップやジップロックなどに入れて空気に触れさせないようにする

ゴーヤの保存方法で冷蔵庫で保存する方多いかと思いますが、ゴーヤを1本そのまま切らずに保存する場合は保存期間は2〜3日

空気に触れたまま冷蔵庫に入れてしまうと、ゴーヤがシナシナになってしまいせっかくのゴーヤの食感が味わえなくなってしまいます。

なので、空気を触れさせないようにして冷蔵庫に保存するようにしましょう。

冷蔵保存する時に野菜室にゴーヤを寝かせて保存するより、立てかけて保存する方が良い状態で保存出来るのでおすすめ。

だけど、立てかけて保存するのって分かると思いますが、すぐ倒れちゃったりして、立てかけるのはなかなか難しかったりします。

そんな時ペットボトルを活用してみてください。

ペットボトルを半分に切り、サランラップでゴーヤを真空にして、ペットボトルを半分に切ったものにゴーヤを入れて、野菜室に立てかけるようにする。

そうすることで、ゴーヤが倒れる事もなく良い状態で保存することが出来ます。

ゴーヤを種やワタを取った冷蔵保存のやり方とは?

①ゴーヤを縦半分に切ります。
②スプーンを使って綿や種を取り除きます。
③サランラップやジップロックなど真空パックにできるものに入れる。
④冷蔵庫の野菜室に立てて入れる。

ゴーヤの冷蔵保存法ですが種やワタを取り除いた方が、そのまま保存するより保存期間は伸びて保存期間は1週間です。

ゴーヤの保存方法の1つとして冷蔵保存をする場合、種やワタを取ったほうが保存期間は伸びますのでおすすめしますが、ここで種やワタを取る時に気をつけて欲しいことは水洗いを絶対にしないようにして下さい!

よくやってしまいがちなことでもありますが、切った状態のゴーヤを水洗いすると栄養素が流れてしまったり、色の変色、食感が悪くなってしまったり、逆に保存期間が短くなったり、ゴーヤの痛みの原因になるので水洗いは絶対にしないようにして下さい。

なのでゴーヤを切ったら洗わず種を取り冷蔵保存をすること。

冷蔵保存の場合採れたてのゴーヤに近いので新鮮な食感が得られるので、お漬物やサラダにするなど生でゴーヤを食べることをおすすめします。

ゴーヤの冷凍保存のやり方とは?

①ゴーヤを縦半分に切ります。
②スプーンを使い綿と種を取り除きます。
③お好みのサイズにスライスします。(3〜5mm幅が丁度良いサイズです。)
④1食分に小分けにしてラップで包みます。
⑤真空パックやジップロックにまとめて入れて空気を抜いてから冷蔵庫に入れて保管しましょう。


ゴーヤの冷凍保存について説明していきますが冷凍保存は、冷蔵保存に比べて保存期間が多くなり保存期間は1ヶ月程度です。

冷凍保存する場合は解凍する時の事を考えて、調理しやすいようにスライスしてから保存することをおすすめします。

しかし冷凍保存をした場合、保存期間は冷蔵保存に比べてのびますが食感は期待できません。

なのでゴーヤを冷凍保存した場合は、ゴーヤチャンプルなど炒め物などの料理には冷凍保存のゴーヤは最適です。

ゴーヤの乾燥保存のやり方とは?

①ゴーヤを水洗いする。
②水気と拭き取り1〜2mmにスライスします。
③重ならないように並べて天日干しします。
④2〜3日乾燥させます。
⑤2〜3日後天日干しの熱を冷まします。
⑥真空パックや瓶などの密閉容器に入れて保存して下さい。

最後にゴーヤの保存方法の1つとして乾燥方法がありますが、ゴーヤの乾燥保存期間は1年間と長期間保存することができます。

ゴーヤの乾燥保存はどの保存方法に比べても保存期間が長く、本来のゴーヤの栄養素が詰まった状態のまま乾燥させていきますので、保存食にもなりますのでとても便利ですが、ゴーヤの乾燥保存で気をつける事と言えば太陽の当たる場所でしっかり乾燥させること。

なので、6月の梅雨の時期などに干して乾燥させたつもりが出来てなかったりすると今度はゴーヤが腐ってしまいますので、梅雨の時期は出来るだけ避けて天気の良い日ゴーヤを干すようにしましょう。

水に戻した後、加熱調理することもできますが乾燥したゴーヤを使ってゴーヤ茶をするのがおすすめ。
乾燥したゴーヤをフライパンで弱火で炒めて、冷ましてから急須に入れてお湯を加えてから10分ほど蒸らすと美味しくいただけます。
ゴーヤ茶は脂肪の燃焼の効果がある為、ダイエットしたい方にはおすすめですよ。

ゴーヤの保存方法まとめ

ゴーヤの保存方法について詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

ゴーヤの栄養効果まとめ

2019年3月10日

ゴーヤは栄養価がとても高い野菜でもあり、保存する前の下処理や保存方法などしっかりすることで長期保存が出来ますし、栄養価はしっかり詰まっています。

少しの工夫で、いろんな料理にも活躍するゴーヤを、これを機会に1度調理してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です