病気

アニサキスとは??症状・原因・予防方法をまとめ

2016/11/24

012

いよいよ、夏場になってきました!この時期、気をつけなければいけないのが、アニサキスによる食中毒です。

寿司や刺身など、魚介類を食べる習慣が、昔から日本にはあり、その中にアニサキスが寄生している魚種を食べることによっておきてしまいます。

今回はアニサキスの症状・原因・対処方法をまとめてみました。

スポンサードリンク

アニサキスとは?

アニサキスは、魚介類の内臓などに生息している寄生虫です。

このアニサキスは通常、内臓に寄生していますが、寄生している魚が、死んでしまうと内臓から身の部分へと移動してしまい、知らずに、その身を刺身などで食べてしまうと
アニサキスによる食中毒を起こしてしまうと言われています。

アニサキスによる食中毒の原因とは?

寄生虫

アニサキスとは、線虫と呼ばれる寄生虫の一種です。

アニサキスの幼虫は、体長2~3㎝、幅は0.5~1㎜程度の大きさで、見た目は白色で、少し太い糸状です。

このアニサキスが、寄生している魚を生もしくは生に近い状態で食べてしまうと、食中毒を起こしてしまうことがあります。

これをアニサキス症と呼びます。

サバ・イワシ・カツオ・サケ・イカ・サンマ・アジなどの魚介類に寄生しますので注意していきましょう。

アニサキスによる食中毒の症状

胃アニサキス症

胃アニサキス症は、魚介類の生食後数時間してから、激しい上腹部痛・悪心・嘔吐が発症することを胃アニサキス症と言います。

※主に、8時間以内に発症すると言われており、多くの方が、胃アニサキス症になりやすいので、注意しましょう。

腸アニサキス症

腸アニサキス症は、魚介類の生食後数時間後から数日後に 激しい下腹部痛・腹膜炎症状・悪心・嘔吐などの症状が見られ、

虫体が腸に穿入する、腸アニサキス症の時には、腸閉塞・腸穿孔を併発することもあります。

腹痛が起こる理由は、アニサキスが寄生するために、胃や腸の壁を食い破り、腸の外へと出て行こうとする事から、症状が現れます。

胃アニサキスの場合は、症状がその日のうちや翌日には現れるので、原因が比較的わかりやすいです。

しかし、食事から数日後に、発症する腸アニサキス症の場合は、食事内容を忘れてしまうため、原因が分かりにくい場合があると言われています。

どちらの症状にしても、激しい腹痛がある場合は、速やかに医療機関を受診するようにしましょう。

消化管外アニサキス症

消化管外アニサキス症は、まれに虫体が消化管を穿通して腹腔内へ脱出後、大網・腸間膜・腹壁皮下などに移行し,肉芽腫を形成することがあります。

アニサキスアレルギー

魚介類の生食後に蕁麻疹を主症状として、アニサキスアレルギーを認めることがあり、

更に血圧降下や呼吸不全、意識消失などの、アナフィラキシー症状も報告されています。

アニサキスは人の中で、長期間生存できませんので、いずれは排出されます。

この為、数日間痛みに耐えられるようであれば、我慢すれば治るとも言われていますが、アニサキス症にかかると、とても痛いです。

激しい腹部痛・嘔吐などの症状がある場合我慢せずに早めに、病院に行く事をおすすめします。

アニサキスによる食中毒の予防対策

013

鮮度の確認!

魚を購入する際は、絶対に新鮮な魚を選びましょう。

新鮮な魚を選んだら、アニサキス幼虫がいる内臓を取り除いてください。

アニサキスによる食中毒の一番の予防は、口にしないことです。

内臓をどうしても食べたい場合は、魚を生で、絶対食べないでください。

スポンサードリンク

しかし、魚を食べないということは、昔から魚を食べる習慣がある日本では、厳しいと思います。

そこで、アニサキスによる食中毒の予防対策として加熱や冷凍する事によって予防できます。

加熱

アニサキスは高温にとても弱いです。

なので、アニサキス症にならないようにするためには、魚を加熱料理にして食べることが、確実な感染予防となります。

魚を加熱調理する場合、60℃〜70℃以上で瞬時に死滅しますので、なるべく加熱調理をして魚を口にする事をおすすめします。

冷凍

アニサキスは高温に弱いですが、低温にも弱いです。

新鮮な魚介類をアニサキスの死滅のために加熱することはできませんので、冷凍して死滅させることが多いです。

冷凍する場合は、-20℃で24時間以上冷凍すると、感染性を失うことができます
※一般的な料理で使う程度の食酢での処理、塩漬け、醤油やわさびを付けても、アニサキス幼虫は死滅しませんので、注意しましょう。

アニサキスの症状・原因・予防方法をまとめ

アニサキスについて詳しく解説していきましたが、いかがだったでしょうか?

昔から、魚介類を食べる習慣がある日本では、年間を通してアニサキスによる食中毒が、500~1,000例の発生があると言われている中、

7月から10月にかけては一番気をつけなくてはいけない時期とも言われています。

アニサキスは、魚の内臓部分に寄生しているアニサキスを口にすることによって激しい上腹部痛・下腹部痛・腹膜炎症状・悪心・嘔吐といった症状が現れます。

だからと言って魚を食べないということは、難しいので魚の鮮度をチェックすることが重要になります。

また、魚を加熱したり冷凍をすればアニサキスが死滅させることができますので、

なるべく生で魚を食べるのではなく、少し気にしてみたり、工夫することによって、食中毒にならずに、

美味しく魚を食べることができますので、注意してみてくださいね。

スポンサードリンク

-病気