新年

成人式で使える英語のまとめ

新しい年を迎えて、良いお正月を過ごしている方多いかと思いますが、

1月のイベント事と言えば、成人式。

成人する方に、英語でお祝いのメッセージを送ってみてはいかがでしょうか?

今回は成人式で使える英語について詳しくまとめてみました。
 
 

スポンサードリンク


 
 

成人式は日本だけ?

日本では、祝日の1つでもある成人式の日を当たり前に思われがちですが、実際の所は違います。

アメリカでは、日本のような成人式といったものはなく、18歳と21歳の時にお祝いをします。

18歳で国が大人と認める年齢であり、21歳になるとお酒が飲める年齢になりますので、2回お祝いしたりします。

このように、国によってお祝いが違かったりしますので、

例えば、ホームスティなどでお世話になった家族やそのご家庭に送る場合など

日本の成人式について伝えたい場合などがあるかと思いますので、是非参考にしてください♫

日本の成人式を英語で説明する時の例文

The coming of age ceremony is ritual to celebrate the new adults.
新成人を祝う儀式として成人式が行われます。
On the day the coming of age ceremony you can see many girls.wearing gorgeous furisode around the down town and countryside.
成人式当日は、都内や田舎の街のあちこちで華やかな振袖の女性を見ることが出来ます。
Normally you will attend the coming of age ceremony of your hometown.
出身地域の成人式に出席するのが一般的です。

成人式お祝いの英文の例文

Congratulations on your coming of age ceremony.
成人式おめでとう!
For your shining future.
あなたの輝かしい未来に。
Dreams come true.
夢は叶うよ。
All the best to you as you embark on your new life.
新しい人生への船出を祝して
Wishing you good luck & success.
これからの幸運と成功をお祈りします。
Don’t forget to smile!
いつも笑顔でいてね!
Where there is a will, there is a way.
意志あるところに道はある。
Wishing you every success!
成功をお祈りします。
I’ve learnt so much from you.
あなたから多くのことを学びました。

I’m so glad there is you.
あなたがいてくれてよかった。
With every good wish.
ご多幸を祈って。
Congratulations your coming of age ceremony and welcome to the adult world!
成人式おめでとう、そして大人の世界へようこそ!

 
 

スポンサードリンク


 
 

成人式のお祝いを英語で書くポイント!

歯切れよくお祝いの気持ちを伝える

成人式のお祝いメッセージを外国人の方やそのご家庭に送る時どのように書いたら良いのか・・・?

なんて思う方多いかと思います。

日本在住の外国人の方の中には日本の成人式に出席される方もいます。

そんな時に、あらかじめ成人式のお祝いメッセージを考えておき、

メールなど送ってあげると感激されたりしますので、是非参考にしてみて下さい♫

成人式のお祝いを英語で文章を作る場合のポイントとして言えることは

短い文章で改行するようにして、歯切れよくお祝いの気持ちを伝えるようにする事。

日本語で書く時もそうですが、あまりだらだらと長く書いても意味がありませんし、

読む相手も『どうした?笑』ってなってしまいます。

なので、短い文章で改行するようにして、歯切れよくお祝いの気持ちを伝えるようにしましょう。

成人式で使える英語のまとめ

今回は、成人式で使える英語について詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

成人式、日本では当たり前の行事でもありますが、

国によって成人の年齢も違いますし、お祝いする年齢も違います。

なので、ホームスティなどでお世話になった家族にやその家庭に英語で成人式について説明してあげましょう。

あとは、日本在住の外国人の方も成人式に参加している場合があります。

そんな方には、成人式のお祝いを英語でメッセージを贈ってあげると、喜びますので、

是非、これを機会に送ってみてはいかがでしょうか?
 
 

スポンサードリンク

-新年