ニキビ

1週間でニキビの治し方まとめ

2017/03/26

いつの間にか、顔に出来てるニキビ。

1つ出来るだけでもすごく嫌なのに、大きいニキビなんて出来たら気になってしまう方多いかと思います。

ニキビが出来てしまったら、酷くなる前に1日でも早く治したいものですよね。

今回は1週間で治すニキビの治し方についてまとめてみました。
 
 

スポンサードリンク

 
 

ニキビを治す前に知ってほしい事とは?

この記事を読んでいる方は、最近ニキビが出来てしまって、悩んでいる方がほとんどかと思います。

ニキビは、1つ出来るだけでも、目立ってしまい気になってしまうもの・・・。

お化粧すればなんとかごまかせますが、下地を塗ると肌自体ボコボコになってしまいます。

私は、生理前のホルモンバランスの乱れる時期は、ニキビが出来やすい体質です。

なので、生理が来る1週間前あたりは肌が荒れたりしますが、大体1週間程で治ります。

しかし、過去に本当にニキビが凄く出来てしまった事があります。

本当に悩みました・・・。⇩

毎日、朝起きる度にまだ治ってない・・・。と落ち込んだり

ひどくなってる時とかは、もう家から出たくなくなってしまうほど。

お化粧しても、明るい所で見るとボツボツ肌・・・。

本当に悩みましたが、ニキビが出来る原因を追求したら、私の場合ストレスが原因。

なので、ストレスの原因と感じる環境から、離れたらニキビが減り、今ではすっかり治りました。

なので、写真のようにニキビが顔中出来ている人は必ず原因があります。

その原因をまずは、知る事からニキビを治す事ができると思います。

なので、大量にニキビが出来ている人はまずこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】ニキビの原因まとめ

ニキビの治し方①正しい洗顔

ニキビの治す方の基本中の基本と言えば、洗顔。

毛穴から菌が入ることによって、ニキビの原因にもなりますので、洗顔をして清潔な状態で肌を保つようにしましょう。

しかし、ニキビが出来始めて、清潔感を保つというと

いっぱい洗顔すればいいでしょ?!
ゴシゴシ洗えばいいでしょ?!

なんて思う方多いかと思いますが、

これは大きな間違いなので、絶対にやってはいけません!!!

肌が皮脂を出すには、乾燥や外からの刺激や異物から身を守る為に皮脂は出てきます。

皮脂を出し、皮脂でお肌を守っていることになりますので

どんな人でも、肌にある程度の皮脂は必要なものなのですが、

ニキビは、皮脂がたくさん出るとニキビが出来てしまいます。

つまり、洗顔をやり過ぎて乾燥してしまうと、必要以上に皮脂が出やすくなってしまいます。

なので、1日2回の洗顔ぐらいが丁度良いかと思います。

正しい洗顔方法について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください⇩

>>>【関連記事】肌トラブル改善!正しい洗顔方法まとめ

泡で洗顔しましょう

洗顔は、毎日欠かさず絶対にする物。

ただし、適当に洗顔するだけでは、なかなかニキビは治ってくれないものでもあります。

おすすめの洗顔料について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください⇩
>>>【関連記事】おすすめ洗顔料まとめ

洗顔の時に気をつけてほしいのは、優しく・刺激を与えず・しっかりと汚れを落とす事

なので、わたし的には良く泡立てて、きめ細かい泡で洗顔することをおすすめします⇩



ニキビの治し方②食事を見直す

野菜を摂る

人間は、食事をしないと力も出ないし、生きていくのも難しくなってしまいます。

だからと言って、偏った食事をしているとニキビが出来やすくなってしまうの仕方がありません。

野菜には多くのビタミンが入っていますので、ニキビにはビタミンが効果がありますので摂るようにしましょう。

ビタミンA・B2・B6・C・E
ビタミンCは、お肌の再生を助け、ニキビの赤みを防ぐ効果があり。
ビタミンAは、お肌の再生を助け、お肌にハリ・ツヤを与える効果があり。
ビタミンEは、血行を良くして、お肌を美しくさせる効果があり。
ビタミンB2・B6は、取りすぎた脂分を分解する効果があり。

おすすめの食材は、アボカド・ほうれん草・ブロッコリーがビタミンが多く含まれていますのでおすすめですが

もっとおすすめなのが納豆!

納豆は、ニキビに効果的な栄養が豊富に入っていて、大体3パック100円ぐらいのお手頃さなので、毎日食べるには良い食材とも言えます。

油っぽい食事を避ける

ニキビは、脂っこい物ばかり食べていると、ニキビができやすくなります。

なので、ジャンクフード、お菓子、揚げ物は極力避けてほしいところ。

しかし、絶対食べてはいけないということではありません。

お菓子が大好きでもう食べれないって考えるとストレスになりますよね。

ストレスもニキビの原因になりますので、

極力食べるのを避け、食べすぎなければ大丈夫みたいな感じなので

そこまで深く考えないで下さいね♫

ニキビの治し方③睡眠を必ずとる!

睡眠は、ニキビじゃなくてもとっても大切。

睡眠不足になると、自律神経の動きが鈍くなってしまい、皮脂の分泌量が多くなってしまいます。

皮脂の分泌量が多くなることによって、ニキビが増えてしまいますので

睡眠不足は良くないと言えます。

逆を言ってしまえば、睡眠を十分に取ると、お肌も再生しやすくなります。

ちなみに、お肌に良いとされる睡眠時間は7時間半。
 
 

スポンサードリンク


 
 
なので、なるべく7時間半以上は寝るようにするとニキビを治すのに効果的といえます。

ニキビの治し方④治療薬を使う(塗り薬)

ニキビを素早く治す方法の1つで、治療薬を使うことです。

これは、実際に私がいろんな物を体験して現在でもやってるやり方です。

市販のニキビ治療薬も良いのですが、

私が1番効果的だったのは皮膚科で処方された治療薬を使うと治ります。

ダラシンTゲル

まずは、ダラシンTゲル!

私の場合、ダラシンTゲルを使う時は、赤く炎症しているニキビを見つけた時によく使います。

ダラシンTゲルには、抗菌作用と抗炎症作用があるので

ニキビは、炎症していたり、菌がいることによって、赤ニキビや黄色ニキビに効果的。

菌を殺す・炎症を沈める効果がありますので

炎症している赤ニキビがあったら、ちょこっと塗ってみて下さい。

ディフェリンゲル

ディフェリンゲルの場合は、私はポツッと軽いニキビが出来てしまった時によく使います。

ディフェリンは皮脂を抑え、角質をピーリングしてくれる作用がありますので、軽症ニキビ・初期ニキビに効果があります。

ピーリング作用がありますので、ニキビが治った跡にも効果があるので、わたし的にはすごくおすすめ。

ニキビの治し方⑤治療薬を使う(飲み薬)

ミノマイシン

ミノマイシンは、ニキビの内服薬として定番中の定番とも言われています。

ダラシンTゲルと同じ、炎症を静める効果があるので体の中から炎症の元になる菌を殺していく感じです。

なので、私の場合、肌荒れし始めたら飲むようにしています。

ニキビの治し方⑥スキンケアを忘れずにすること

最後に、スキンケアを忘れないようにしましょう。

最初から言ってありますが、洗顔をして、そのままで寝てしまうと肌は乾燥してしまいます。

乾燥してしまうと、皮脂がはだを守ろうとする動きから

余分な皮脂を出してしまい、それがニキビの原因になってしまいます。

なので、化粧水・乳液・クリームで、きちんと保湿してニキビの出来る原因を作らないようにしましょう。

ニキビの治し方まとめ

今回は、ニキビの治し方について詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

ニキビが出来てしまったらまずは、原因を探すことから始めましょう。

ストレスが原因でいきなり大量にニキビが出来ることだってあるのです。

その場合はまずは環境を変えてみるのもいいいかもしれませんね。

素早く治す方法をまとめていくと

洗顔→スキンケア(化粧水・乳液)→塗り薬→飲み薬→睡眠(7.5h)

食生活の見直しといった所です。

是非、これを参考にして、綺麗な肌を保ってくださいね♫
 
 

スポンサードリンク

-ニキビ